中国の交通事情と通信事情

シェアする

先日、二年ぶりに中国の北京へ行ってきました。数日前にひどい黄砂があったということで、街は埃っぽい感じで、この日は晴れていましたが空もどんよりとしていました。

スポンサーリンク



交通事情

一番驚いたのはクルマが比較的整然と走っていることです。以前はクルマの急な割り込みや路肩を走って前のクルマを追い越す車など、あまり秩序が無い感じで、町中でクラクションが響き渡っていた印象がありましたが、今回は道を譲り合うような場面までは見られなかったものの、あまりひどい状況はありませんでした。

歩行者も何車線もある通りで横断歩道がないところを平気で渡っているような光景は随分減りました。混乱が減ったおかげで、移動に要する時間は短くなったと思います。

空港にできている列を見ていても、割り込みをするような人が減り、整然としていました。

日本とは違って、空港のターミナルに入るときのセキュリティチェックが行われていました。何か付箋紙のような形をしたものを全部のカバンになすりつけて、装置に入れることで何かを判定していました。爆薬のチェックでしょうか。

同様に国内線で北京から無錫に移動するときにも、北京の空港では信じられないほど厳重なチェックが行われていました。荷物の中にモバイルバッテリーやパソコン、傘などが入っていた場合は、全部出してからX線装置にかけなくてはいけません。

また、ボディチェックもかなり入念に行われていました。これだけの厳重なチェックが行われていれば、逆に安心して飛行機を利用できます。

今後も中国は経済発展を続けていくものと思いますが、これだけ急速にマナーや価値観などに変化が生じているということは、また、何年かしていく機会があったとき、どのように変化しているのかが楽しみです。

通信事情

一方で通信事情に関してです。携帯電話のローミング機能を使っても良いのですが、お金を節約するために今回は羽田空港のJAL abcという会社でモバイルWi-Fiルーターを借用しました。一日あたり700円弱の使用料です。

中国で使ってみると、China unicomというネットワークに接続されています。

まず、中国では検索の方法が限られてしまいます。基本的には百度を使うことになると思うのですが、yahoo!も使うことができました。

また、LINEも使うことができませんでした。以前は使えたこともあったのですが、今回はメッセージを送信できませんでした。中国のポケモンが取れるかと期待していたのですが、アカウントのログインに制約があり、ログインができませんでした。ポケモントレーナークラブのIDを使っている人は大丈夫かもしれません。

メール環境に関しては中国でも問題なく使うことができました。ドコモのキャリアメールも使えました。

自分の会社のメールは専用ソフトでVPN接続すると使うことができるのですが、これも問題なく利用することができました。

こちらのブログサイトは海外からはダッシュボードにログインしたり、記事を投稿したりすることに対してガードをかけています。中国からアクセスしたときに、このガードが本当に有効になっているかどうか確認してみると、しっかりと機能していました。ダッシュボードにログインすることはできません。

何かヤフーで検索をしてサイトを閲覧しようとしても、表示されるまでには結構な時間がかかります。また、場合によってはしばらく応答がないこともあります。サイトによってはフィルタリングされているためか待てどくらせど表示されないこともあります。

国策で一部に制約があるものの、基本的にはインターネット環境を利用できました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク