羽田空港国際線ターミナルから吉祥寺駅までリムジンバスで移動

シェアする

上海から羽田空港へ着き、入国審査や税関審査を抜けるとすぐに到着ロビーになります。JAL ABCで借りたモバイルWi-Fiルータを返却ボックスに投函してリムジンバスの切符売り場に並びました。

時間は午後5時15分ごろだったのですが、5時25分のバスに間に合います。ほとんど待ち時間なしで乗り込むことができました。

バスは国際線ターミナルが始発で第1ターミナルと第2ターミナルをまわって首都高速道路にのります。


首都高速道路はこの日は一部で渋滞が発生しており、状況によっては迂回をすることが案内されました。


湾岸線の料金所を過ぎて、すぐに中央環状線に入ります。ここは山手通りの地下を走る長いトンネルの区間になります。


この辺は非常に空いていて、快調に進んでいきました。

途中、大橋ジャンクションの手前で東名方面に行く車が列を作っていましたが、新宿方面の右側の車線は大丈夫です。


ただ、その先で中央道方面に行くクルマの渋滞が始まりました。


この日は土曜日の夕方でしたので首都高速4号線との合流となる西新宿ジャンクションがどうしても混雑してしまいます。バスはじっくりじっくりと進んでいきました。

国際線ターミナルから1時間弱で首都高速4号線と合流しました。


合流の先端まで行って本線に順番で合流するのが一番効率が良いと思うのですが、ドライバーによってはどうしても手前で合流してしまう人がいます。バスはしっかりと合流車線の先端まで行って合流していました。

ここで渋滞は解消して一般道並みのスピードで進んでいきます。

18時30分に高井戸インターへ到着しました。


ここからは環八と井の頭通りです。ただ、環八との交差点までが異常に混雑していました。自分でもこの道はよく使いますが、延々と交差点までクルマの列ができてしまっています。

いつもであれば、さっと行くことができる、環八を越えて久我山病院の方面へと続く道まで大きく渋滞していました。

そして、環八から井の頭通りへ曲がる交差点でも渋滞があり、吉祥寺駅に着いたのは午後7時でした。乗り換えなしで目的地に行くことができるのは、リムジンバスの大きなメリットです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク