WAKO’Sのコーティング剤「バリアスコート」を施工

シェアする

ホンダ グレイスに乗り始めて一ヶ月ほどが経ち、ボディに砂埃がたまってきたので、日曜日に洗車をしました。この時に以前、楽天市場で購入しておいたWAKO’Sのバリアスコートというコーティング剤を合わせて使ってみました。

商品はスプレー缶とタオルが二枚入っています。

この付属のタオル、ダイソーの自動車用品コーナーに売られていたマイクロファイバータオルに似ているような気がします。二枚は同じもののようで、液剤をつけるものと、乾拭きするに使うもの等、分けて使えば良いようです。

いつも通りに、車体に水をかけてシャンプーを泡だて車体にたまった砂埃を洗い流します。ここで砂埃が残っていると拭き取る時に車体に傷がついてしまいます。

続いて車体の泡を水で全て洗い流した後にバリアスコートが登場します。車体の水を拭き取る必要はありませんので、そのまま薄く車体にスプレーして、早めに付属のクラスで擦り込んで行きます。

もしもムラになってしまったら少し水に濡らしたクロスで拭き取ります。この作業を繰り返して行きます。いっぺんにボディ全体をやると大変なので、場所を区切りながら進めた方が良いかもしれません。

問題は施行後2日から3日程度の期間は車体を雨に濡らしてはいけないことになります。ガレージがあれば良いのですが、そんな屋根はありませんので、天気予報で雨が数日降らなさそうな時を狙うしかありません。

【2017/11/14追記】

運悪く翌日の夕方からかなり強い雨が降ってしまいました。施工後、24時間は経過していましたが、ウォータースポットができると後が大変なので、念のため、雨でビショビショになった車体をタオルで拭いておきました。

少しコーティング剤の効力は落ちてしまったと思いますが、撥水性能がなくなりそうなところで再施工します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【A141】 VAC WAKO’S ワコーズ 【バリアスコート】 プラスチック、塗装、金属の洗浄・保護・コート剤
価格:2524円(税込、送料別) (2017/11/18時点)

【2017/11/20追記】

施工してから1週間近くが経過しました。茶色い砂埃のようなものが車体の上にうっすらと積もっていました。毛ばたきで簡単に取れるといいな?と思いながら、軽く毛ばたきではらってみたのですが、残念ながらうまくとれません。バリアスコートをかけたから簡単に取れるようになるというものではないようです。ただ、光沢の方は今も綺麗に保たれています。しばらくたったら、もう一度洗車をして、バリアスコートを施工したいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク