常時接続回線が遅くて使い物にならない場合の対処

インターネット

インターネット接続事業者が提供する光回線サービスが遅くて使い物にならない場合があると言う記事が日経ITproにありました。この現象が起こっているのは、NTT東日本、西日本が提供しているフレッツ光を使っている一部のプロバイダで発生しているそうです。

原因はNTTが提供する基幹網とプロバイダを接続するネットワーク機器が混雑状態になっていることにあります。

PPPoE方式で接続していると、この混雑している機器を通過するため影響を受ける可能性があるものの、IPOE方式を使っていると、大容量のゲートウェイルーターを利用しているため混雑しにくく、機器が混雑した場合も自由に増設ができるそうです。

スポンサーリンク

@nifty

私自身は@niftyで光回線を利用しているのですが、今まで遅くて使い物にならないと思ったことがありません。ただ、もしかするともっと早くすることもできるかもしれないと思い、調べてみました。

@niftyではv6プラスというサービスに申し込めば良いようです。すでに@niftyの光回線を利用していればほかに初期設定や月額料金を徴収されることはないと説明されていました。

また、v6プラス対応のホームゲートウェイが必要とのことですが、私自身はRT- S300シリーズを使っているので、対応機種でした。

そこで、申し込みをしようと思い、現在の契約状況を念のため紹介してみると、なんとv6プラスのサービスにすでに加入中のステータスになっていました。自分で申し込んだ覚えが全くなかったので驚きました。特に回線速度を遅く感じていなかったのは、これが原因だったのかもしれません。

楽天ひかりに乗り換え

パソコン通信の時代からずっとniftyを使い続けていたのですが、富士通が手放して家電のノジマグループになってしまったり、もはや昔のniftyではなくなってしまったので、月額料金が高かったこともあり、安価でサービスが充実している楽天ひかりに乗り換えました。楽天ひかりに入ると楽天市場のSPUが+1倍になることも当時は魅力でした。

事業者変更という手続きが必要だったのですが、とても面倒でした。

こちらで事業者変更をレポートしました。

@niftyの解約(事業者変更)がとても大変
パソコン通信の時代から今まで25年ほど利用してきた@niftyから楽天ひかりに常時接続回線を移すことができる期間に到来しました。 @niftyの光コラボ、nifty光では2〜3年間の縛り期間があり、契約が切れるわずか1ヶ月の間以外で解...

楽天ひかりでもIPv4 OVER IPv6サービスが始まりましたので、接続速度が非常に早くなりました。

Wi-FiルーターをTP-LINK社の製品に乗り換えたら、Wi-Fiも非常に安定化しました。こちらでレポートしています。

blank
TP-LinkのWi-FiルーターArcher A2600(AC2600,A10)を入手
自宅で仕事をしなければいけない機会が増えました。家族も自宅でオンライン講義を受けていたりもするので、Wi-Fiの需要がとても増えています。そのため、ときどき、Wi-Fiルーターがハングアップしたり、再起動したりすることが出てきました。 ア...

コメント

タイトルとURLをコピーしました