ファミリーマートが24時間フィットネスジムとの複合店舗を展開

シェアする

ファミリーマートが11月30日にコンビニと24時間営業のフィットネス事業を複合した店舗を展開することを発表しました。24時間営業のフィットネスジムは主に大手のジム運営会社などが別ブランドで全国に展開をしています。

私自身も普通のスポーツジムからFASTGYM24というTIPNESS系の24時間ジムに切り替えて通っています。大きなスポーツジムには筋トレマシンやトレッドミルなどのほかにランニングするためのトラック、ゴルフ練習用のエリア、プールや大浴場、サウナなどが整っていて非常に快適ですが、月額利用料が高くて、しかも利用時間が午後10時ごろまでのところが多く、平日はなかなか利用することができません。

ところが、24時間フィットネスジムは筋トレやトレッドミルなどマシンを中心にした構成で、簡単なシャワー室を設ける程度になっており、駅前の雑居ビルにも展開できる程度の省スペースな店舗になっています。常駐するスタッフは夜間帯にはいませんが、その名の通り24時間いつでも利用することができるようになっています。

防犯対策も整っており、入口のドアは専用のICカードを携帯していないと入室ができませんし、大手警備会社と提携しており、部屋のあちこちに監視カメラがあったり、非常ボタンが随所にあり警備会社を呼び出すことができるので夜間でも安心です。

このような24時間営業型のフィットネスジムは確かにコンビニ店舗の二階で営業するというのは、その面積から見てもちょうど良いのではないかと思います。郊外型のロードサイドにあるコンビニは1階建てになっていて2階のスペースは空いているので、フィットネスジムを増設するというのは良いところに目を付けたと思います。また、コンビニ自体が24時間営業であれば、もし何かあったときにもコンビニの店員がすぐに駆けつけてくれる安心感があります。

また、フィットネスを利用すれば喉が渇いたりお腹がすいたりもするので、コンビニを帰りがけに利用する機会も増えるでしょう。コンビニにイートインのコーナーがあれば利用したくなると思います。

ファミリーマートでは2018年2月中旬に東京都の大田区に1号店を出店する計画です。その後、5年間をめどに300店舗を展開する計画だということです。

すでに、ファミリーマートではコインランドリー事業への参入も発表しているので、単にコンビニだけで儲けるのではなく、その他の業態との相乗効果で売り上げを上げていく戦略に出たようです。私の自宅近くにも1階建てのファミリーマートの店舗があります。こちらがもしもフィットネス併設店舗になったら、今通っている駅前のフィットネスから乗り換えることを間違えなく検討すると思います。今後の展開が楽しみなニュースでした。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク