ビルトイン型の食器洗い乾燥機から水漏れ及び買い替え

食器洗い乾燥機

朝起きてみると家族から台所の床が水で濡れているという話がありました。洪水というほどではなく、大したことではなさそうです。漏水箇所はどうも食器洗い乾燥機らしいということになり、確かにスライドさせて中を開けてみると水が溜まっていました。装置の中でジワっと水が漏れています。

ネットで調べてみると、装置の下にある引き出しを開けてみれば止水弁があると書かれていたのですが、見当たりません。点検するための場所があるはずとも思ったのですが、そのような箇所も見当たりません。

装置を固定している下部のネジを外して装置を引き出さなければいけないようです。ただ、この先はさらに事態が深刻になる予感がしたので手を出すのをやめてネットで情報を調べてみました。

やはり、10年を過ぎてしまっている食器洗い乾燥機は寿命を迎えていて、いつ壊れてもおかしくないようです。単に漏水をストップさせるだけではなく、装置ごと買い替えてしまった方が結局は良さそうなことがわかりました。

つい、二ヶ月ほど前には給湯器が壊れて買い替えたばかりなので、財布には痛い出費になります。ちょうど楽天スーパーセールを実施していて、買い回りポイント10倍が近づいていたので、楽天市場のショップで購入することにしました。

現在の機種を確認するとハーマンという会社のFB4510Pという機種でした。ネットで情報を探してみると、廉価な機種で後継品もあったようです。ただ、楽天市場で後継品の型番を使って検索してもすでに販売は終了していたので、直系の後継品を見つけることはできませんでした。ただ、横幅45cmの機種の中から製品を選択すれば良いようです。

横幅45cmのタイプはポピュラーな商品のようで、楽天市場でも多数の機種が扱われていました。値段は工事費が込みだと6万5000円から15万円程で分布しています。今回は最もシンプルで安い機種を選択しました。こちらになります。

リンナイの機種です。購入するときに現在の機種の型番や横幅、キッチンの奥行き、希望工事日などを記載して注文をしました。三営業日以降であれば希望できます。夜10時を過ぎていたのに確認終了と工事業者の選定に入ったことが返信されてきました。

【2017/12/09追記】

お店から工事日の連絡があったのですが、12月は混雑しているので、12月22日以降にしてほしいということでした。申し込みから工事日までの期間があまりにも長いので驚いてしまいました。

給湯器が壊れるとお風呂に入れなくなるので大変ですが、食器洗い乾燥機が壊れても手洗いをすれば済むので、実害はさほど大きくありません。

コメント