雪の影響で都心の交通機関は大混乱

東西線で中野に向かっていますが、雪の影響で運行ダイヤが大幅に乱れています。電車が間引き運転になってしまっているほか、早めの帰宅を促されたサラリーマンで大変に混雑しています。

主要なターミナル駅では乗り切れないお客さんが多く発生しているので、混雑しない車両まで移動しておくことが大事です。東西線では飯田橋、高田馬場などが先頭に各線との乗り換え出口があるので、どうしても先頭車が混雑してしまいます。

さらに電車が走り出しても、駅に停まるたびに五分ほど停車してしまいます。中野駅での折り返しに手間がかかって、電車が列になってしまっているようです。したがって、各駅間の所要時間は3倍程度を見ておいた方が良いでしょう。

中野駅からの乗り換えもどうなるのかが心配です。中央線および中央総武線も大幅な遅れが出ているようなので、中野駅がどれだけ混乱しているかが気になります。

Yahoo!のトランジットを見ても、ほぼ全線にわたって遅れが出ているので、先に正常に運転している路線を先に表示しているのが印象深かったです。

中野駅では思いのほか中央線ホーム、中央総武線ホームとも空いていて、乗り換えはスムーズでした。中央総武線は車内がかなりの混雑で、車両によっては乗り切れないお客さんがいたようです。

中央総武線は最も遅延していることで悪名高い路線ではありますが、この日は駅での停車時間も短く、乗車時間は少なくて済みました。

【2018/01/23追記】

大雪の翌日はいつも利用しているバスが来なかったので最寄り駅まで歩いたのが想定外でしたが、中央総武線の電車は大きな遅れなく動いていたのが助かりました。間引き運転は実施していたようで、電車の中はいつもよりも混雑していました。

今回の報道を見ていると、品川、新宿、渋谷などのターミナル駅は殺到するお客さんで入口規制が行われてしまうので、このような駅での乗り換えは避けた方が良さそうだということが分かりました。可能であれば、都営新宿線からそのまま京王線に乗り入れてしまう等の対処を混乱した日は使おうと思います。

【2020/01/27追記】

ダイヤモンドオンラインに「積雪5センチでダイヤ混乱、首都圏鉄道が雪に強くなれない理由」という記事が公開されていました。この中で、関東甲信越地方における2018年1月22日から23日未明にかけての大雪について触れられていました。

鉄道は鉄の車輪と鉄のレールとで走るので、雪が車輪やレールにつくと摩擦が低下して、加速や制動距離への影響が避けられないことが挙げられています。急加速しようとすれば車輪が空転し、急減速すれば車輪がスリップする形になります。

速度を落として運転すれば、運転できる本数は限られるので、結果、間引き運転が必要になります。もしも普通通りに運転しようとしたら駅間で沢山の電車が立ち往生してしまい逆に混乱を与えてしまいます。

雪国のように除雪装置を装備したとしても、列車本数の多い都心ではうまく機能しません。また、ラッセル車などで雪を線路の外側にかき出したら、沿線の交通機関や住宅に影響を与えてしまいます。

IT技術の進化で自宅でも会社にいるのと同様に仕事ができるようにもなってきています。大雪で都心が混乱しているときには、下手に無理をして会社に行こうとはせず、在宅勤務などを柔軟に選択した方が生産性が上がるのではないかと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント