Amazon Echoとの連携用にNTTドコモのdヒッツに加入

シェアする

先日購入したAmazon Echo dotは使い勝手が良くて楽しんでいるのですが、Amazon プライム ミュージックしか私の場合は聞くことができないので、邦楽は聞くことができる歌手がとても限定されてしまっていました。

Amazon echoと連携できるサービスの一つであるNTTドコモのdヒッツならば、邦楽のバリエーションが多く、しかも月額が税抜き500円とほかのサービスと比較して非常に低価格になっています。すでに、同じNTTドコモのサービスであるdTVに加入しているのですが、こちらも月額500円で映画やドラマなど各種のコンテンツを楽しむことができるので、NTTドコモには合わせて1000円を投資することになります。

さっそく、iPadでApp Storeを起動して、dヒッツのアプリをダウンロードしました。そしてアプリを起動して手持ちのアカウントでログインしようとすると、最初にホームページから登録手続きをしないと利用することができないようです。

また、ブラウザを立ち上げ直して、公式サイトから利用申し込みをすると、今度は問題なく、アプリからもログインできるようになりました。

dヒッツの特徴は準備されているプレイリストに従って音楽を聴いていく形になることです。曲を選んで音楽を聴くような作りにはなっていません。かえって、頻繁に操作する必要がないので、Amazon echoのような装置で流し聞きをするにはちょうど良い仕様なのかもしれません。プレイリストを再生したあとに自分が聞きたい曲になるまでスキップすることは無制限にできます。サービスによってはスキップの回数に制限があるものもあるようなので、dヒッツの優れたサービスです。

ドコモでは他にdミュージックをサービスしていますが、こちらは一曲ずつ買う仕組みと月額980円を払って聴き放題になるサービスとがあります。聴き放題サービスの方はdヒッツに似ているような気もするのですが、月額が倍違うのが気になります。Amazon echoではdミュージックには対応していません。

しかし、なぜかiPadで音楽を聞いているとアプリが強制終了してしまいます。何度聴いてもアプリが強制終了するので、何か根本的に問題があるのかもしれません。念のため、iPadの内蔵ストレージの空き容量を増やして、さらにアプリの再インストールまで行ったのですが事象は改善しませんでした。

仕方がないので、iPhoneで聴いてみると、こちらでは何事もなかったように音楽を聴くことができます。ハードとの相性があるのかもしれません。

Amazon echoとの連携も簡単にできました。アレクサアプリでdヒッツのスキルを有効にして、ドコモのID、パスワードを入力することで連携完了です。echoで「アレクサ、dヒッツでサザンオールスターズを聴かせて」等の話をすれば、プレイリストを再生してくれます。また、「アレクサ、桑田佳祐を再生して」と言ってもdヒッツからプレイリストを探してくれました。

1ヶ月の無料試用期間があるので、その中で使い勝手を確認して、その後の継続利用をするか否かを決めたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク