映画のチケット購入でネット予約が窓口購入を超える

はてなブックマークで上位にあったコンテンツの中に、映画のチケット購入でとうとうネット予約が窓口購入を超えたという記事がありました。全体の約6割がネット購入になったそうです。私自身、映画館に映画を見に行くときには、必ず事前にチケットをネットで予約していたのですが、意外と窓口で購入している人の割合も意外と多かったことに驚きました。

映画館の窓口でチケットを購入しようとするとどうしても並ばなければいけませんし、上映時間が近づいてからの購入になることが多いので、映画館の客席の真ん中など、自分の好きな席が取れない可能性が高くなります。逆に事前にネットで購入しておけば、並ぶ必要はありませんし、自分の好きな席を自由に選択することができます。ネットで事前に購入することのデメリットは、購入してしまったあとに急用が入ってしまいチケットが無駄になるリスクですが、これは現時点では私自身は経験したことがありません。

最近ではスマホの普及に伴って、各映画館のサイトもスマホに最適化されたページを準備してくれているので、たとえ外出先にいても簡単に予約することができるようになりました。映画館のすぐそばにいても、窓口に並ぶくらいだったらスマホで購入してしまった方が楽に思います。

事前にネット購入した場合は予約番号や電話番号などを使って映画館にある発券装置でセルフでチケットを入手する形になります。窓口に比べると、発券機の数はかなり多いので並ぶ必要はまずなくて快適です。

以前と比較すると窓口に出来ていた行列は減ってきたと思うのですが、これから先もインターネットの利用に消費者が慣れてくるのにしたがって、窓口の利用者は減っていくのでしょう。映画館としてもそれだけ人件費が減ることになるので、良いことなのではないかと思います。一部の映画館ではネットで予約するとその手数料を徴収するところがありました。窓口購入よりもネット購入の方が高くなってしまう悪制度です。今はその系列の映画館を使わなくなってしまったので、どうなったかがよく判りませんが、できればネット購入の方が安くなるような料金制度に移行して貰えると有難いと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント