楽天の商品が全国約2万の郵便局で受け取り可能に

楽天が日本郵便と提携して、楽天市場の商品を全国約二万局の郵便局で受け取り可能になるサービスを始めることを、1月29日に発表しました。

従来もコンビニエンスストアでの受け取りには対応していたので、郵便局が加わると何が嬉しいか少し考えてみました。

営業時間で言えば圧倒的にコンビニエンスストアの方が長いので、郵便局はかなわないはずです。

とすると、コンビニエンスストアが無い場所でも郵便局はある可能性が高いことが最も大きな利点になるのかと思います。

使い方は楽天市場でのサービス対象店舗での商品購入時に郵便局での荷物受け取りを指定して買い物を済ませ、郵便局に荷物が届けられると、楽天アプリのブッシュ通知やメールを確認して郵便局に荷物を取りに行きます。そこで問い合わせ番号と認証番号を伝えることで荷物を受け取ることができます。

宅配業者には不在時の再配達がやはり大きな負担になるので、このような仕組みを使ってくれる顧客が増えると随分助かるのでは無いかと思います。

また、顧客側にとっても、商品到着日に不在になってしまうような場合も荷物を受け取りやすくなるので使う価値はありそうです。

今後はこれだけネットショッピングが一般的になってくると、自宅に郵便ポストのように宅配ロッカーを設置することが増えていくと思います。これが実現すれば、宅配業者、消費者共に便利になるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント