楽天がECに特化した独自配送網を二年間で構築

宅配 小包 輸送

楽天が1月30日に開催した楽天市場の出展者向けの講演の中で、ECに特化した独自配送網を2年間で構築することを説明しました。

現在は関東と関西の合わせて3箇所にある物流センターを10箇所に拡大することも説明しました。

先日の携帯キャリアへの進出の件も含め、また随分大きな構想が出てきたことに驚いたのですが、こちらの計画については少し具体的なことへの言及もありました。

ワンデリバリー構想として、「すべての配送を包括的、一括的な契約と管理によってやっていく」としています。大手私鉄の幹部との間では私鉄沿線に運ぶ荷物についてはその私鉄の子会社が届ける話になっているとも紹介したそうです。

ただ、私鉄沿線に届ければ、日本の全国に配送網を網羅できるというわけではありません。ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便よりも安い価格で実現できるという説明は少し理解できませんでした。

どちらにしても、Amazonは楽天市場にとっても大きな脅威になっているものと思います。Amazonというプラットフォームよりも魅力的なEC基盤を提供しないと、出店者にも消費者にも離れられかねません。

私自身はやはり日本の会社に頑張ってもらいたいと思っていますので、楽天市場を極力使って応援したいと思います。

コメント