ダイソーのモバイルバッテリーの品質は?

ダイソー

100円ショップのダイソーは、「えっ、こんなのが100円なの?」と驚かされるようなものがありますが、そんな商品の1つにモバイルバッテリーがあります。

3000mAhとそれなりの大容量なので、さすがに100円というわけにはいかないのですが、500円で販売されていました。3000mAhといえば、数年前ならば2000円程度で販売されていましたので、500円ならばかなりの安値です。

現在では、10000mAhあたりの商品が多いので、3000mAhの商品は徐々に見なくなってきましたが、スマホであれば一回は満充電できてしまうので、便利なサイズではあります。

こんなに安くて大丈夫なのかしら?と思っていたところに、技術的に検証してくれたサイトがありました。こちらになります。

ダイソーの「500円モバイルバッテリー」をガチ検証してみた結果 - mitok(ミトク)
ダイソーで販売されている薄型モバイルバッテリー『1ポート モバイルバッテリ』はご存じでしょうか。3,000mAhのそこそこ大容量タイプが500円という安さで手に入るのが魅力的。ダイソーじゃなきゃムリゲーな低価格ですね。おそらくお値段なりの性能なんだと思いますが、もしかたら掘り出し物かも……? 望み薄な期待とは承知しつつ...

こちらのサイトの検証結果によると、かなり成績は悪いです。取り出せる電圧が低めで、ノイズも多いとのこと、バッテリーに関しては煙が出たり発熱する事故も相次いでいるので、品質は重要視したいところです。

私自身はダイソーの激安なバッテリーを買うのは避けて、定評のあるバッテリーを買いたいと思いました。

なお、ダイソーには安くても質が良い製品もたくさんあります。ネット上のレビューを見ていると、わかってくるので、それらを参考にしながら賢く買い物をするようにします。

私自身も今まで色々なモバイルバッテリーを使ってきましたが、私にとってはAnkerの製品が最も安定して使うことができています。

その次には、Aukeyの商品も良いと思いました。今度、モバイルバッテリーを買い換えるときは、Ankerが良いと思っています。

【2020/02/23追記】

新型コロナウイルスが世界経済に影響を与えています。特に中国ではたくさんの人が罹患してしまい、工場の操業などに影響が出ています。これを受けて、日本では中国からの輸入している商品が入荷しにくくなりました。特に百円ショップでは中国製品の取り扱いも多いので、徐々に品薄になってきています。今後、ウイルス感染のピークが過ぎれば徐々に中国からの輸入品も増えてくると思いますが、しばらくは辛抱が必要そうです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント