Amazon AlexaがKindle本の読み上げ開始

シェアする

Amazon Alexaで購入したKindleの本の読み上げができるようになったという報道が先日ありました。

廉価版の小型タイプ、Alexa echo dotを持っているので、さっそく試して見ました。

Amazonで無料で販売されている青空文庫の「銀河鉄道の夜」Kindle版を入手します。

そして、Alexaに向かって、「Kindleの銀河鉄道の夜を読んで」と伝えると、しばらく考えたあと認識を正しくしてくれて、先ほど入手した銀河鉄道の夜を読み始めました。

アクセントがおかしい部分があったり、へんなところで一呼吸があったり、違和感を感じるところは残っていましたが、内容は十分に理解できるレベルです。これならば実用に耐える実力でした。

Kindleで読み上げができるのはテキスト主体の書籍で、イメージデータとして公開されているビジュアルな雑誌の読み上げには対応していません。Alexaアプリで「ミュージック&本」のメニューからKindleを開くと、読み上げに対応しているコンテンツと対応していないコンテンツに分けて表示してくれます。

子どもが寝付く前に読み聞かせるには、ちょっと呆気ない気がしますが、本をめくるほどの元気はないけど、寝転びながら作品の中身を聞きたいといった用途には良いのではないかと思います。

パソコンを操作しながら聞き流すという感じの使い方だと、BGMのようになってしまって、当然ながらコンテンツの中身はほとんど頭に残らないです。

Kindleとの連携はAmazonらしい機能追加であり、なかなか同等のサービスは他社では追随しにくいものと思います。スマートスピーカーは各社から発売されていますが、各社が自社の強みをどのように活かして戦いを繰り広げるのか、これからも気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク