ヘッドスピード測定器「プロギア NEW RED EYES POCKET」を購入

シェアする

ゴルフの方、レッスンを受けつつ、ゴルフ練習場で練習を続けています。アイアンでのビジネスゾーンの練習が終わって、フルスイングに近い状態でのレッスンを受けているところです。先日はアーリーコックスでスイングする方法を習いました。ただ、練習場で試してみても、まだまだ飛距離が伸びません。

そこで練習場で練習する時のおともに、ヘッドスピードを測定する機械を買ってみることにしました。楽天市場でポイントが相当数残っていますので、これで買える範囲の商品を購入することにします。その中で見つけたのが、プロギアのNEW RED EYES POCKETです。こちらの商品は打席の後方、球から1mほど離れたところに設置しスイングするだけで計測が終わります。

測定できる項目はゴルフスイングのヘッドスピード、ボールスピード、インパクト時のミート率、推定飛距離、消費カロリー量です。ほかに、野球投球時のボールスピード、バットのスイングスピード、サッカーのシュートスピードなども測定できます。野球やサッカーはしないので、もっぱらゴルフでのみ使う形になります。

楽天市場で購入したものが先日届きました。さっそく、ゴルフ練習場に持って行って使いました。単四電池が4本必要ですが、パッケージの中に電池も入っていました。電池蓋をあけて電池をセットするだけなので簡単です。

最初にスイングするゴルフクラブを装置で選択します。クラブごとに設定を変更しないといけないので、少々面倒くさいです。ボタンを押すと1番ウッド→
番ウッド→・・・・と切り替わっていくので、ドライバーからアイアンに切り替えたりするのは何回もボタンを押すことになってしまいます。

装置を置く場所は少しずつずらしながらスイングしてみましたが、さほど測定値は変化しませんでした。また、マットが敷いてあって多少の段差があっても測定できました。置き場所に神経質ということはないようです。ヘッドスピードはレッスンを受けている場所で測定した値よりも少々厳しめの判定、飛距離は実際に球が飛んで行った場所と比較すると甘めの判定でした。

ディスプレイは打席から見やすい角度になっていますので、スイングした後に後ろを振り返るとそのまま測定値を読み取ることができます。文字も比較的大きいのが良いです。

客観的に数値でスイングの良し悪しを知ることができるので、今後の練習の中で活かしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク