NTT技術史料館の展示「電話機の歴史」

NTT技術史料館を見学した際、電話機の歴史を展示したエリアがありました。1933年から1980年代くらいまでの電話機が展示されています。

こちらが1933年の3号自動式卓上電話機です。初めて送話器と受話器が連結されたのは、この機種が第一号だったそうです。戦前の標準電話機でこれが黒電話の原型になったようです。確かに今見てもあまり違和感がありません。

3号卓上式自動電話機

続いて、1950年の4号A電話機です。

戦後初の量産機で感度が高く、性能は当時の世界水準を凌いでいたとあります。ダイヤルの下に電電公社のマークが付いています。

続いて、1962年の600A1型自動式卓上電話機です。通話性能と経済性において完成された電話機で、4号電話機の3倍の感度を実現したとあります。

この黒電話は本当によく覚えています。質実剛健を絵に描いたようような機械で、操作するのは受話器を上げるかどうかと、ダイヤルしかありません。とてもシンプル極まりないです。

これだけシンプルなので、壊れたというのを経験したことが当時はありませんでした。

続いて、1966年の600A2型自動式卓上電話機です。クロスバ交換機の登場で、ダイヤルのパルスを20bpsに早くしたのが特徴です。

1秒間に10回のパルスが20回に増えたということダイヤルする時間は半分になったということなので、少しイライラが緩和されたことになります。

続いて、プッシュホンの登場です。1966年の600P型電話機です。

続いて、1977年の701P電話機です。

電話機がとてもコンパクトです。

1985年、電電公社がNTTに変わった年に発売されたハウディです。

黒電話を長い間使っていたこと、このくらいの時代になると、NTT以外の電話機を購入して取り付けても良いようになったことから、この辺になると、NTTの電話機はほとんど覚えていません。

コメント