ライザップゴルフのゴルフ力診断を受講

ライザップゴルフのお店を見つけたので、ちょっと気になって公式サイトやレビューサイトなどで情報を集めてみました。

ライザップゴルフについての予習

完全に屋内の個室にシミュレーションゴルフの装置が置いてあり、そこで完全マンツーマンのレッスンを受けることができるようです。

ただ、気になる値段はものすごく高くて、一ヶ月あたり8回、二ヶ月間(最大3ヶ月)のトライアルコースで、入会金など諸々を合わせて40万円くらいになるようです。

考えようによっては、ダイエットのようにリバウンドするものでもないですし、一回会得したものはそう簡単にダメになるものでもないので、何年間も独学で練習場に行って練習するよりは効率は良いかもしれません。

もしも効果が感じられなかった場合は、契約後に30日間までであれば解約することもできるようです。(その後、ライザップの各種スクールに通うことはできなくなるそうです)

ゴルフ力診断の流れ

ウェブを見ていても、あまり実感としてどんなものなのかはよくわからないので、ゴルフ力診断というものを受けることにしました。60分税別3000円で、

  • カウンセリングシート記入
  • カウンセリング
  • ショット分析
  • サービスプランの提案

という流れで進むようです。

この中で面白いと思ったのは、ショット分析です。

  • ドライバーの精度
  • 200ヤードショットの精度
  • 150ヤードショットの精度
  • 100ヤードショットの精度
  • 60ヤードショットの精度
  • 30ヤードショットの精度
  • 5ヤードショットの精度
  • 2ヤードショットの精度

という形で、各クラブで三打づつ打って確かめて行くそうです。

この結果によって目標のレベルに到達するには、何ヶ月くらいかかって、どのプランが適しているかということを提案してくれます。

個人レッスンがどんな形で行われるのか、雰囲気を知るためにはちょうど良さそうです。

ゴルフ力診断はウェブからでも申し込めるのですが、結局はライザップから電話がかかってきて相談をしなければいけないようなので、最初からフリーダイヤルに電話しました。

ゴルフ力診断を受けたいことを告げると、名前、電話番号、年齢、直近のスコア、目指したいレベル、診断を受けたい店舗などの情報を聞かれます。

そして、希望する日時を告げて空いていれば予約完了です。時間を伝える時に7時からでお願いしますと伝えたところ、朝の7時からでよろしいですか?と聞き返されたので、朝の7時でも予約が取れるようでした。

当日の持ち物

当日はグローブは持っていく必要がありますが、クラブ、ウエア、シューズなどは貸してもらえるとのことでした。

予約した前日にはライザップゴルフから最終確認の連絡がありました。予約日時の確認のみで特に煩わしいことはありませんでした。

予約した日にさっそく訪問して、雰囲気を確認したいと思います。

ゴルフ力診断を体験

カウンセリング

当日になり店舗に行ってみました。予約した時間の15分前に行ったところ、すぐに個室に案内されて、カウンセリングシートへの記入となりました。

住所や氏名のほか、平均スコアとベストスコア、何を伸ばしたいか、目標とするスコア、使っているクラブのメーカーやフレックス、ウエアのサイズ、靴のサイズなど記入項目は多岐に渡ります。コミットを達成できたら広告で利用して良いか?という質問までありました。カウンセリングしている人からも是非協力してくださいという強力なプッシュがあったので、なかなか事例が紹介できる人がいなくて困っているのかもしれません。

対応してくれた人はゴルフを本格的に経験したことは無いようで、積極的に悩みや目標などを聞いていくのが得意な様子でした。

ただ、周りの部屋でも体験レッスンを実施していて、話し声が聞こえてくるのですが、簡単なアドバイスをしているカウンセラーもいたので、受講しにきた人のレベルに応じて対応する人を選んでいるのかもしれません。(上手い人には上級トレーナー?)

一通り、悩みや目標、何を楽しみにゴルフをやるのかといったことについて話した後に着替えをして、距離別の診断開始です。いつも7番アイアンで練習をしているので、これで試し打ちをさせてもらった後、ドライバーから順番に飛距離を落としていきます。一つの距離により、球は3球ずつ打ちます。

シミュレーション装置は本当によくできていて、うまくショットできればそれなりに、ミスショットした時もミスの内容を正確に理解してシミュレーションしてくれます。シミュレーター によってはゴルフボールを最初に置く場所がとてもシビアな機械もありますが、こちらの装置はアバウトでも大丈夫でした。

シートに書いたクラブの種類に近いクラブを持ってきてくれたようなのですが、滅茶苦茶に軽いクラブだったので驚きました。ライザップのオリジナルクラブです。かなり打ちにくかったです。クラブをもう少し重めのものにした方が良かったかもしれません。

このライザップのオリジナルゴルフクラブですが、7番アイアンを見た印象では、クラブの長さが少し長く、ロフトが立っているように見えたので、どちらかというと飛距離を狙ったクラブのように見えました。

「このクラブ、軽いですね」と言ってみると、対応してくれた人は、「ありがとうございます」と言っていたので、クラブは軽い方が良いと誤解されていたかもしれません。ただ、実際に貸し出すクラブを選ぶときには私のクラブのデータをみて詳しい人がアドバイスしていたのだと思います。

個室の様子

部屋はクラブを振るところは練習場にもありがちなマットのような素材、その先は芝が長めで、どちらかというとフェアウェイというよりはラフに近い人工芝、芝目は順目のエリアと逆目のエリアがあります。

あとはパターを練習できるマットも敷いてありました。部屋はななり広かったです。10畳以上はあるのでしょうか。

診断の結果

結果、アプローチやパターはかなり良いスコアでしたが、ドライバーはそれなりだったのですが、100ヤード以上200ヤード以下はダメダメでした。

振り返ってみると、あまり飛距離は大きく考慮されていないようで、左右に大きく外してしまうようなミスショット、トップやダフリによる大きなミスは、減点幅も大きいような気がします。3球打つことでショットの安定性も見ているのでしょう。

この打った結果をもとに、対応してくれたカウンセラーは責任者?の人と相談して、この受講者であればどんなコミットができるかという提案内持ってきてくれます。

提案の内容

私の場合は3ヶ月で100切りというごくごく一般的な提案内容でした。

そのあと、料金プランや宿題消化用の練習用キット、スイング軌道が確認できる装置の貸し出し、1ヶ月の返金保証などの説明が続きます。

事前に気になっていた練習用キットの中で持っているものもあるので、バラ売りは可能かを聞いたところ、それはできないとのことです。

コミットした数値を何パーセント程度の人が達成できるのかも聞いてみると、98%以上の人が達成できていると自信を持って答えてくれました。バラ売りはできないというネガティブな表現ではなく、いろいろ提案してきてくれるので、店舗での教育はかなりしっかりとやられていると感じました。

ドライバーよりもアプローチやパターが上手くなった方がスコアは縮まりますよね?と話してみると、やはり知識はあるようでしたので、ゴルフはやったことがあまりなくても、一通りのゴルフの知識は持っているようでした。

予約した日にレッスンが受けられなくなったら、ペナルティはあるのかを聞いてみると、前日までの連絡であればノーペナルティ、当日の日程変更連絡は、レッスンは消化済みになってしまうそうです。一回分、無駄になるということなので、当日になって予定に狂いが出やすい状況の場合はライザップは向いていないかもしれません。

完全プライベートのレッスンなので、コーチに無駄な時間ができてしまうのは、ライザップとしても防ぎたいのでしょう。

提案の様子

ゴルフ力診断が終わった後の勧誘はそんなに凄くは無いと聞いていたのですが、今回のカウンセラーはかなり積極的に勧めてくれました。

まずはこの場で申し込まないか?という話から当然始まり、もう少しゴルフスクールの体験を回りたかったので、今は申し込まないことを伝えると、エントリーだけ出来るので、それだけでもどうか?ということでした。

エントリーだけであれば、電話一本で取りやめることも可能だそうです。ただ、今回はエントリーもやめておきました。実際にレッスンプロからどんな指導が受けられるのかが体験できなかったのは今回残念でした。

また、一通りの会話が終わった後、着替えを終わらせて、結局は開始から1時間半ほど経過していました。

まとめ

ライザップゴルフはたしかによくプランが練りこまれていると思うのですが、他のレッスンや練習で伸び幅が大きい人の場合には、一般的なスクールで基本を身につけて、そろそろ伸び代が少なくなってきたかな?と思ったところでライザップゴルフに通うのが最もコストパフォーマンスが良いような気がします。最短で上手くなりたいのであれば最初からライザップゴルフに通うと良いのでしょう。

他のレッスンも回ってみて、どこでレッスンを受けるのか考えていきたいと思います。

コメント