中野駅の中央コンコースは許容量満杯

シェアする

5月21日は遅延の常習で有名な中央総武線が中野駅で車両点検を実施した関係で遅延していました。東西線も中野から三鷹までの乗り入れを中止しており、中野と三鷹の間は混雑することが想定されたので、中央快速線でそのまま中野駅まで行き、中野駅で中央総武線に乗り換えることにしました。

中野駅には中央に南口と北口を結ぶコンコース、そして一番東寄りに乗り換え専用の通路があります。今回は高尾寄りの車両に乗っていたので、中央コンコースで中央線のホームから中央総武線のホームに乗り換えを試みました。

しかし、この中央コンコースは大変ことになっていました。特に北口に再開発によってキリンなどの会社が移転してきたこともあり、南側から北側に向かおうとする人の数がとても多いです。

したがって、南から北に向かう流れに逆らうようにして、縫うように南に行かなくては行けず、とてもしんどかったです。特に後ろから押してくる人がいるので、前につんのめりそうになる人も多く、もし将棋倒しになれば大事故になりそうな、そんな殺気さえ感じました。

単に電車を乗り換えるだけであれば、中央コンコースは使わずに一番東中野駅寄りの乗り換え専用コンコースを使えばよかったと後悔しました。

今回は電車の遅延が絡んで、中央コンコースはこのような状況になっていたと想像できますが、普段から朝のラッシュアワーについては中央コンコースは混雑するようです。こちらの議員さんのブログで紹介されていました。

中野駅の混雑解消はいつ? | いながきじゅん子(稲垣淳子)中野区議会議員
現在、中野駅の改札口は北口と南口に一つづつしかなく、朝のラッシュ時には大混雑している状態です。かつ1日の平均乗降客数が14万人を超える大きな駅でありながら、設置スペースが確保できないという理由でいまだエレベータが一台もありません。 利用者の方の安全確保やバリアフリー化の為に一刻も早くこの状況を解消しなければなりません...

こちらに実際の画像がありました。

【現場画像まとめ】車両点検による遅延で総武線 中央線中野駅がパンク状態「入場率200%地獄」5/21 - NAVER まとめ
【現場画像まとめ】車両点検による遅延で総武線 中央線中野駅がパンク状態「入場率200%地獄」5/21のまとめ

事故が起こってからでは遅いですし、また工事にも大変な時間がかかると思いますので、いち早く北口出口とコンコースを増設する必要があるのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク