入社二年目で優秀だから課長に?

シェアする

はてなブックマークで注目されている情報を見ていたところ、入社2年目で優秀なのに、課長に推薦したところ即座に却下されたことが、まとめ記事で紹介されていました。

入社2年目の若手が、普通は専門エンジニア10人以上が専任で何年かかけてつくるものをほぼ一人で半年ぐらいで作ったのを上司が驚いて「彼を今すぐ課長待遇に」といっても即座に却下されるのが日本の「常識的」なマネージメント層なんですよ。初心者と同じ扱いを続けるのが日本の技術系企業なんですよ。

入社2年目の若手エンジニアがものすごく優秀だったので上司が『彼を課長待遇に』と提案するも即座に却下されてしまうという日本企業の“常識的”マネージメントについての話
その人が選んだ環境なので外野は何とも言えないけれど、しっかりと評価が分かるような待遇にしてもらえないものかな…と。

ただ、なんとなく違和感があります。優秀な技術者と課長というのは、求めるものが違うためです。優秀で成果がたくさん出ている人は、業績評価を高くしてたくさんの報酬を渡すべきだと思います。

一方で、課長にするかどうかについては、ある一定規模のチームを率いて、コンプライアンスやチームワークを重視して、世の中や会社にどこまで貢献できるかに依存していると思います。

このまとめ記事からは、入社2年目の人がどんなところで優秀さを発揮していたかがはっきりしませんが、一人で半年くらいで作ったという記載から判断するとチームワークではなくひとりの優秀な技術者なのではないかという気がします。

ただ、もしかすると、この人は課長としても大きな成果を発揮できる人かもしれないということであれば、まずはある一定規模のチームのリーダーにしてプロジェクトでどの程度の成果を発揮できるかを確認することもできます。ここで課長並みの成果を出し周りからも認められる人材になれば、課長相当の報酬を与えて課長に推薦するのが良いのではないかと思いました。

このまとめ記事の最後に、

役職は信頼に対して

褒賞は成果に対して

与えられるものである

と書かれていたのですが、その通りだと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク