ウェブサイトの検索結果がショッピングモールのようにチェーン店ばかりになった

シェアする

最近、はてなブックマークの上位ランキングに、個人ブログではアフィリエイトが儲からなくなったという記事がありました。

「個人がアフィリエイトで儲かる時代」の終焉
ここ数年アフィリエイトサイト作成で個人が稼げる時代があった。しかし、どうやらそれも終わりのようだ。仮想通貨と同じで、バブルはそろそろ…

この記事を読んでみると、確かにウェブ検索をして得られる情報が昔と変わってきていることに気がつきました。

以前は検索をすると、もっと個人商店のようなサイトが上位にランキングされていたと思います。ところが、最近では大手が運営しているサイトばかりが上位にランキングされている機会が増えていると思います。大手のサイトでも食べログのように個人が投稿している情報もあるのですが、やはり個人ブログに紹介されている情報と比較すると深さが足らないように感じることも多いです。

なんとなく、今の街中の変化にも似ていて、大きなショッピングモールとその中に展開されるチェーン店を見ているような感じです。

大手が展開しているチェーン店は信頼できる商品が展示されていますし大きな失敗に巡り会うこともそうはありません。ただ、どこの地域にあるショッピングモールに行っても同じようなお店が展開されていて画一的に感じることが多いです。

今の検索結果も信頼感が大きい情報に巡り合えますが、ちょっと尖ったような変化のある情報が検索結果の上位に来ることは無くなってきたように思います。どちらかというと私は地元の個人商店のような少し突っ込んだ情報が欲しいと思っています。

もしかすると、検索方法に関するオプションを作ってもらって、大きなチェーン店が展開するサイトを上位に持って来るのか、信頼できる情報とそうでない情報が入り乱れるかもしれないけど個人商店のようなサイトを上位に持って来るのか、オプションスイッチで選べるようになると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク