グリーン周りでチッパーが活躍

シェアする

初心者なのでピッチングウェッジの扱いにあまり慣れていないため、グリーン周りのミスショットでスコアが大きく悪くなっていました。グリーンの周りで行ったり来たりすると、簡単に数打を無駄にしてしまいます。微妙な距離感で優しく打つのは難しく、また、ピンを過ぎると下り坂になっていることも多く、強く打つとドンドン向こう側に行ってしまいます。

対策としてはピッチングウェッジや短いアイアンでランニングアプローチをする方法もありますが、これさえもすぐに上達するのは自分にとっては難しかったので、手っ取り早く、チッパーを一本買うことにしました。

購入したのは楽天市場で見つけたこちらのクラブです。

見た目はパターとまったく一緒で、打ち方もパターと一緒です。特に球を上げようとしなくても、勝手に球は上がります。

一緒にラウンドする人から見ると、あんなところからパターで打つのか?と最初は冷めた目で見られているのですが。球がフワッと上がってから転がっていくのを見たときに、今、何で打った?と必ずと言っていいほど聞かれます。チッパーですと答えると、また冷めた顔に戻るように戻る感じです。

チッパーはまだ市民権を得ていないのか、ある程度の腕を持っているゴルファーから見ると、そんなの使ってるの?という印象がどうしても残るようです。ただ、初心者はグリーン周りの往復でスコアを崩すこと以上に、ソロープレイになってしまって、周りの人や後ろの組みに迷惑をかけることの方が気になりますので、私自身は周囲の目を気にせずに、チッパーの出番となる場所ではしっかりと使うようにしています。

チッパーの注意点ですが、どんなに見た目がパターでもグリーンの上からは使うことができません。ルール上、チッパーはアイアンの仲間とされているためです。そこさえ注意しておけば、特に取り扱いに戸惑う場面はないかと思います。

早くランニングアプローチも安定感が出るようにして、チッパーが無くともラウンドできるように腕前を上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク