自宅の固定インターネット回線の必要性

日経新聞を見ていると、現在、携帯電話会社が取り組んでいる5回線のことが紹介されていました。2020年の商用化を目指しているということなので、もうすぐ利用できるようになります。

5G回線が利用できるようになると、通信速度は10ギガビット/秒、今の携帯電話通信網におけるデータ通信速度が一気に100倍にまで跳ね上がるといいます。これは凄い変化だと思います。

現在、自宅にひかれている光ファイバー網は一般的には100Mビット/秒、早くても1G/秒だと思いますので、さらにそれよりもずっと早いことになります。

現在の携帯電話網では毎月のデータ通信使用量について、数Gバイトから10Gバイト程度の制限がかけられているので、自宅の固定回線を無くしてしまって携帯電話網に一本化しようという動きには大きくつながっていません。

しかし、5G回線については毎月のデータ通信量の制限も現在より大きく緩和されることになると思いますので、もはや自宅に固定回線をつなげておく必要性も無くなってくると思います。

テレビ動画についても、4Kや8Kといった精細度に進化しているので、より取り扱うデータ量も増える傾向にありますが、正直、ふつうにテレビで鑑賞しているぶんにはフルハイビジョン程度の精細度で十分だと思います。

今後、各家庭に敷設されている光ファイバー網がどのような扱いになっていくのか、気になるところです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント