次期iPhoneは3シリーズで確定か?

次期のiPhoneはiPhone Xシリーズで統一されるのではないか?という記事がITmedia NEWSのサイトで紹介されていました。

China Mobileの社内会議で議論された内容だとされていますが真偽のほどは判りません。しかし、確かにもう9月に入りましたので、各携帯電話会社共にパンフレットの準備等をはじめなければいけないので、そろそろ極秘に情報が共有されていてもおかしくない時期ではあります。

3シリーズ

今回の報道では2018年版iPhoneの型番は下記の3機種になるとされています。

・iPhone Xc

・iPhone Xs

・iPhone Xs Plus

過去、最後に「c」が付いた機種としては、iPhone 5sと同時に発売された廉価版のiPhone 5cがありますので、標準機種のiPhone Xsよりも何かのコストを削って安価に販売できるようにしているのかもしれません。また、Plusについては画面が大きい等、Xsよりも何か付加価値の高い製品になるのではないかと予想できる機種名ではあります。

価格

値段の方は、iPhone Xsが約12万円、iPhone Xs Plusは約13万6000円、iPhone Xxが約9万5000円と会議の中では説明されたよだと報じられていました。ただ、この金額、もはや気軽に購入できるような金額ではありません。従来は携帯電話会社の2年縛りでスマホ代金と回線代金が抱き合わせになっていて、スマホの本体代金が目立たないような料金プランになっていたので、日本ではiPhoneの人気に火がつきましたが、回線の代金と本体の代金が分離されてきているので、これだけの金額の商品を買うのはたとえ月賦であったとしても、あまり買いたくありません。

Androidのスマホであれば3万円も準備すれば、かなり立派な機種が購入できるので、こんなに高い金額をつけているのが本当だとすると、そろそろiPhoneの人気にも陰りが出てくるのではないかと思います。

まだまだ、噂レベルの情報であり、apple社の公式発表ではありません。もうまもなく、アップルからの正式アナウンスがありますので、楽しみに待ちたいと思います。

【2018/09/13追記】

正式発表

数時間前に正式な発表がありました。結果としては、新らしいiPhoneは、iPhone XR、iPhone XSとiPhone XS Maxの3シリーズでした。ディスプレイには有機ELが使われているほか、iPhone XS Maxには今までのiPhoneの中で液晶サイズがもっとも大きい6.5インチのものが採用されています。

6.5インチということは、ほとんど、タブレットと言っても過言ではないサイズです。スペック的には進化していますが、発表内容を見ても大きな驚きは感じられませんでした。

また、今回の発表の裏側でアップル社の公式サイトから、iPhone SEとiPhone 6sの二機種が姿を消しました。iPhone 6sは後継機につながっていますが、画面サイズが一回り小さく使い勝手が良かったiPhone SEは後継機の発表が無いまま削除されてしまったことは非常に残念です。

価格高騰の原因

日経のサイトになぜ新しいiPhoneは値段が高いのか?に関して記事がありました。

原因は韓国サムスンディスプレイ製造の有機ELパネルにあると結論づけられています。

有機ELパネルを安定して大量に製造できるのは、サムスンに限られるので、今は価格がサムスン側の言い値になってしまっているということでした。

今後、サムスン以外の会社で同様な生産技術が確立すれば、値段がこなれてくるということなのでしょう。

コメント