快速「武蔵五日市・箱根ヶ崎」行き

先日、午後6時過ぎの四ツ谷駅、中央線ホームに立っていると、快速「武蔵五日市・箱根ヶ崎」行きという電車がちょうど来ました。

武蔵五日市と言えば、青梅線の拝島駅からのびる、五日市線の終着駅として知名度があると思うのですが、箱根ヶ崎駅と言ってもどこにある駅なのか、あまり見当がつかない人も多いのではないかと思います。

箱根というと、やっぱり、神奈川県の箱根を想像する人も多いのではないかと思います。

また、中央線で途中駅で編成を分割して、二方面に分かれる電車も珍しいと思います。武蔵五日市駅には6両、箱根ヶ崎駅には4両が行きます。

実は箱根ヶ崎駅は八王子駅と高崎駅を結ぶ八高線にある駅です。この電車は青梅線の拝島駅まで行って、拝島駅で片方は五日市線、もう片方は八高線で箱根ヶ崎に行きます。

箱根ヶ崎は東京都の中でもまだ郡が残っている西多摩郡瑞穂町にある駅です。ちょうど、青梅街道と八高線、国道16号線が交差するあたりが箱根ヶ崎です。横田基地も比較的近くにあります。

周辺には住宅も多いので、東京からの直通電車はとても便利なのでしょう。2008年3月のダイヤ改正で生まれたダイヤで、かれこれ10年以上走っていることになります。

昔は八高線自体が電化されていなかったのですが、高麗川まで電化されたことでこのような直通列車が運転できるようになったのでしょう。

中央線快速電車はグリーン車を併結して12両編成にするような構想もありますが、この電車がそのような時代の変化にどのように対応していくのか、気になるところです。

コメント