iPhone SEの廃止は2018年アップルの戦略ミス?

forbes japanの記事を読んでいると、iPhone SEに関する興味深い記事がありました。記事のタイトルは、「アップルの2018年最大の戦略ミスとなったiPhone SEの廃止」となっています。

アップルの2018年最大の戦略ミスとなった「iPhone SEの廃止」
iPhoneの新モデルの売上不振のニュースが連日報じられている。アップルが今年犯した最大の過ちが、iPhone SEを廃止し、ハイエンド端末に集中する決定を下したことではないだろうか。iPhone SEは価格を抑えつつ、非常に高い評価を得た

記事としては、iPhone SEの発売をやめたことが、iPhoneの販売台数がふるわなくなった一因ではないか?というものです。

もともと、アップル社がiPhone SEをリリースした目標ら、既存ユーザーの買い替えではなく、新たな顧客をアップルのエコシステムに呼び込んで、買い替えを求めることではなかったとされていました。私はiPhone5sからの買い替え需要を呼び起こすために発売されたものとばかり思っていました

現在、Apple社から販売されているiPhoneは一番エントリー機種として位置づけられているのがiPhone7です。iPhone SEは過去の産物という位置付けられてしまったようです。

私自身はiPhone5sを長年使った後、先日、iPhone7に乗り換えました。スピード的には快適になったものの、iPhoneの本体の大きさが5sの時よりも一回り大きくなってしまったので、文字入力時の快適さが損なわれてしまいました。

iPhoneの販売台数がふるわなくなったのは、Androidの機種が安価でも十分なデザインや機能をもつ機種が充実したことは間違えないと思います。Apple社ではiPhoneの販売台数を明らかにしなくなってしまったので、売れ行きがどうなっているのかわかりにくくなってしまいましたが、報道されている記事を読んでいる限り、かなりの勢いで減っているような気がします。

特に日本では本体と通信料金をごっちゃにして、24ヶ月の縛り期間を設ける売り方がなくなってきたので、スマホ本体の料金が明確に分かるようになり、なかなか高い機種は買いにくくなってきた事情もあります。

できれば、最新のテクノロジーを盛り込んだiPhone SEの流れをくむ後継機種が発売されることを私自身も望んでいます。

【2018/12/19追記】

アスキーによる報道によると、顔認証と指紋認証の両方のセンサーを搭載した端末の特許を出願したことがわかったそうです。

最初にFace IDでログインに失敗した後、touch IDで再認証することができて、それでもダメならばパスコードで認証できるというものです。

この資料に提出されている図面がiPhone SEと同型なので、iPhone SEの後継機種が発売されるのではないかと予測した記事でした。

この記事の通り、iPhone SEの後継機種が発売になると良いのですが、今後のApple社の動きに注意したいと思います。

【2019年1月8日追記】

家族のiPhone 5sがそろそろ動作速度的に限界だというクレームを受けて、家族のiPhoneは新品で売られていたiPhone SEを購入しました。値段も安く、家族も満足してくれたので良かったです。

一方、私の方も同じ機会にiPhone7の中古品を入手しました。できるだけ美品で容量が128GBのものを選択し使っています。iPhone7自体、すでに何世代も前の商品ですが、こちらも何の問題も無く動いてくれています。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
スマホ・タブレット・AV
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント