コロナのエアコン(6畳用 CSH-N2218R)と(8畳用 CSH-N2518R)を設置

先日の、PayPayで購入金額の2割を還元するキャンペーンを実施していた際に、コジマでエアコンを購入しました。

ビックカメラの都心の店舗では、アップル製品などを買い求めるお客さんが多数来店しているという報道がありましたが、同じビックカメラの傘下にある郊外のコジマはごく普通通りに営業をしていました。

自宅で使っているエアコンは家を建てた時から使っているものなので、もう十数年間にわたり利用しています。かなりガタが来ていて、室外機がうるさかったり、冷暖房の効きが悪くなっていたり、そろそろ買い換えなければいけないと家族で話している状況でした。

事前にコジマのチラシを読んで、6畳用の特売品と8畳用の特売品を買うことで決めていました。自動的に掃除をする機能や湿度のコントロールをしてくれるものまで色々な付加価値をつけた製品がありますが、正直、壊れる箇所が増えるだけという印象もあったので、ことごとくシンプルな機種に狙いを定めました。

コジマの店舗でエアコンコーナーに行くと、店員が話しかけてきました。チラシに載っていた商品と違う機種が6畳用、8畳用とも展示されていました。展示されていたのは、コロナの商品です。

チラシに載っていた商品はないかを店員に確認したところ、「皆さん、コロナ以外の商品を買ってますよ」と要領を得ない回答がありました。

コロナというと石油ファンヒーターのイメージが強くて、エアコンのブランドイメージはあまりありません。「皆さん、コロナ以外の商品を買ってますよ」という言葉で他ブランドの高価格な商品にターゲットを変えるお客さんが多いのでしょう。

コロナのどこかが悪いのかを確認しても、要領を得ない回答しかありませんでした。エアコンは国内製となっていたので、コロナの国内工場、または他メーカーからOEM供給を受けているものと思われます。

こちらのコロナのエアコン、目標年度2010年の省エネ達成率は100パーセント、APFは5.8となっていましたので、他の国内メーカーの安価な商品と比較してもごく平均的な性能のように思えます。(高い機種ではAPF7.6といった商品もあります)

リモコンを見ると、ボタンは必要最小限のボタンしかありません。今まで使っていたエアコンはもっと多くのボタンが付いていましたが、振り返ってみると、ほとんどの機能を使っていませんでした。

店員はコロナよりは富士通の方がいいというのですが、富士通だって元々はゼネラルの製品ですので、単にブランド名だけで比較しても仕方がないと思いました。単にブランドイメージでしか話をしない店員でしたので、あまり信頼感はなかったです。

そのまま、コロナのエアコンを購入しました。

取り付けも標準工事の範囲に収まりましたので、ペイペイの還元額も含めて考えると安い買い物かできました。

先日、工事も終わったのですか、冷暖房能力共に申し分なく、また室内機、室外機共に静かで、良い買い物ができました。大切に使っていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント