コンビニ雑誌付録の「筆まめ」で年賀状作成

まだパソコンがさほど普及していなかった西暦2000年前後以前はパソコンショップで販売されていた年賀状作成ソフトを購入して、年賀状を作っていたと思います。その後はブロードバンド回線が自宅に引き込まれるようになり、樂天ダウンロードで販売されている年賀状作成ソフトで年賀状を作りました。

調べてみると、今でも1500円でダウンロード販売が行われています。

しかし、ここ数年はコンビニで販売されている雑誌についているDVD-ROMに収録されているソフトで年賀状を作っています。

コンビニのメリットは近所で手軽に入手できること、そして信じられないほど値段が安いことに付きます。

私が買った雑誌は筆まめが付属している450円でした。コンビニだと高い商品は売れにくいので、この程度の値付けが良いのでしょう。

購入したのはこちらの商品になります。以前よりソフトは筆まめを使っているので、住所録の互換性などの面から安心です。

こちらに付属している筆まめはBASICというバージョンでかなりの機能制限が入っています。基本、デザインをスムーズに進める機能は使えず、白紙の上にコンテンツを貼り付けていく格好になります。

ただ、同じDVD-ROMにはたくさんの素材が入っていますので、特に不便なことはありません。雑誌社の努力でいろいろなデザイナーに作ってもらった素材がたくさん入っています。特に来年の干支のイノシシにまつわる素材が本当にたくさんありました。これだけあれば、他の人とデザインがかぶってしまう可能性も少ないのではないかと思いました。

雑誌の方にどんな素材があるのかはひと目で探すことができるので、市販のソフトよりも使い勝手は良いようにも思いました。

他に良い方法を見つけるまでは、これからもコンビニ雑誌で年賀状を作りたいと思っています。

印刷はブラザーの複合機を以前から使っています。途中でインクが足りなくなってくるなどアクシデントもありましたが、なんとか印刷が終わりました。

インクはおかえしの年賀状を作るときにも必要なので、互換インクを買いましておきました。

互換インクも以前と比べてここまで安くなったものかとただただ驚くばかりです。

コメント