洗車とワコーズのバリアスコートでコーディング

2018年も年末になりました。今日、街中のガソリンスタンドの横を通ると、洗車機から道路にはみ出るまで、台以上の車が洗車待ちの列を作っていました。年末を感じさせる光景です。

今日は少し風がありましたが、昼は暖かかったので、この機会に自分で洗車をしておくことにしました。いつもであれば、洗車機に通して終わらせてしまうのですが、今回は車体のコーティングもしておきたかったので手洗い洗車です。

夏場は水がどんどん蒸発していってしまうので、早く拭き取らないとシミが残ってしまいますが、この季節は水が蒸発しないので、ゆっくりと洗車できるのはよいと思います。

まずはホースでクルマ全体に水をかけチリやホコリを落としていきます。ここでゴミが付着していると、洗車のときにクルマを傷つけてしまうかもしれません。

そしてバケツにカーシャンプーをあわ立てて、車体表面をスポンジで優しくなぞっていきます。手でスポンジを強く押し付けて洗うのではなく、潜在溶液を含んだスポンジの重さで優しく拭くイメージです。これも洗車傷予防のためです。

クルマ全体が泡だらけになったら、またホースで水をかけて泡を落とします。

ここで以前購入したワコーズが登場です。

この商品、車体の表面に膜を作って、車体にぬめるようなツヤを与えてくれます。車体に水分が残っているときに施工します。

スプレー式になっているのですが、車体に直接吹き付けるとムラが残ってしまう場合があるので、私は濡れたマイクロファイバータオルにスプレーを吹き付けて、それを伸ばすように車体を拭いています。

車体が黒いのですが、黒光りするような艶が出て、見違えるようになりました。これでクルマの方も新年を迎えることができそうです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
自動車・カー用品・メンテナンス
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント