グアムでインフルエンザが発症しカード付帯保険で対応した話しが興味深い

グアムへ旅行に行った際にインフルエンザが発症してしまい、バカンス旅行から療養旅行になってしまったという記事が興味深かったので紹介します。

この方は楽天ゴールドカードを持っていて、海外旅行保険は利用付帯の条件だったそうです。楽天ゴールドカードは年会費2000円という価格で、ゴールドカードの中ではかなり安い方です。

海外旅行保険の利用付帯というのは、例えば現地に行くツアーや飛行機の代金をそのカードで支払いを行うと、保険が適用されるという内容になっています。この方はエアトリというサイトで航空券を購入して楽天カードで決済したため、利用付帯の条件が成立したそうです。

海外では日本の健康保険証は使うことができませんし、もともとの医療費も国内より高いので、お医者さんにかかるとかなりの金額の出費を覚悟しなければいけません。グアムでのインフルエンザの治療費は12万円もかかったのだそうです。

利用付帯に対して自動付帯という条件のクレジットカードもあります。自動付帯は現地に行く料金をそのカードで支払ったか否かに関係なく保険が利用できるので、少し安心です。

私自身はセゾンゴールドアメリカンエキスプレスカードを使っているので、保険がどのような形で付帯されているのか確認してみました。すると、海外に感しては自動付帯だということが分かりました。

旅行傷害保険|セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
旅行傷害保険のご紹介。ポイントの圧倒的な優遇と傑出したトラベルサービスが特長のゴールドカード【セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード】。国内主要空港のラウンジ無料サービスほか、生活のあらゆるシーンでご利用いただけるゴールド会員ならではのサービスを取り揃えております。

国内に付いては利用付帯とのことですが、国内であれば病気にかかっても普通に健康保険証が使えるので、さほど心配する必要はありません。楽天ゴールドカードではカードの記載本人のみとのことでしたが、セゾンゴールドアメックスでは家族まで保証されるのが嬉しいです。

また、グアムでインフルエンザが発症した方の記事を読むと、現地で発症したことを証明しないと保険がおりないという記載があったのも参考になりました。

昔は海外に行くときは空港などで保険に入るのが一般的でしたが、最近はクレジットカードに付帯される保険で渡航する人も増えていて、中には無保険の状態で海外に行っている人も多いのではないかと思います。

まずは保有しているクレジットカードの付帯条件を確認して、もしも海外旅行中に保険が有効にならないのであれば、空港などで保険に必ず加入するのが良いと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント