久我山駅と三鷹駅を結ぶ京王の深夜バスの時間が繰り上がっていた

京王井の頭線の久我山駅とJR中央線の三鷹駅の間を結ぶ京王バスの路線があります。人見街道、連雀通り、むらさき橋通り、さくら通りといった、人がたくさん住んでいる地域をつないでいるので、利用者数も多い路線です。

先日、三鷹駅で午前0時15分ごろに利用しようとしたのですが、バス停には誰一人として並んでいません。人はみんな、タクシーの方へと駆けていきます。

以前であれば、午前1時ごろまで深夜バスが走っていたので、まだバスはあるはずだと安心していたのですが、バス停の時刻表をみると、なんと午前0時10分発のバスが終バスになっていました。なんと、当時と比べると1時間ほど繰り上がってしまったことになります。

ネットで調べてみたのですが、いつ頃のダイヤ改正で繰り上げられたのか、情報を見つけることができませんでした。

以前使った時は、運賃が二倍になっていたにも関わらず、たくさんの利用者がいたと思いましたので、赤字になっていたことは無いと思います。

やはりバス運転手の人手不足が関係しているのかもしれません。都営バスでも大幅な減便が行われている路線があることを聞いていたのですが、まさか久我山駅と三鷹駅南口を結ぶ路線でもこんなに便数が減っているとはまったく知りませんでした。

遅くまで働く運転手がいると、大きくシストをとらなければいけなくなるので、運転手のやりくりが難しくなるのでしょう。

働き方改革と無理やり結びつけて考えれば、「すみません、終バスの時間に間に合わなくなるので、お先に失礼します」と堂々と言えるようになったのは一つのメリットであるかもしれません。

お客さんの流れをみていると、結局はバスの利用者がタクシーに流れているだけのようにも見えます。タクシーはお客さん1人に対して運転手さんが1人拘束されてしまいますので、タクシーの運転手の数を考えると、バスと比べてさらにたくさんの人が必要になってしまっているような気もします。

トータルで見たとき、何が最も効率的なのか、よくわからなくなってしまった出来事でした。

【2019/05/01追記】

深夜にバスを使わざるを得ないときは吉祥寺駅で降りた方が良いことに気がつきました。調布行きの吉14系統が平日であれば午前1時半まであります。

コメント