新逗子駅が「逗子・葉山」駅へ改名

テレビ番組・ドラマ

噂の東京マガジンを見ていると、京急電鉄の新逗子駅が改名することを特集していました。私自身は良い名前ではないかと思ったのですが、反対している人も多いそうです。

反対の理由を聞いてみると、葉山町は2.5Kmほど離れているので、降りたところか葉山だと観光客が勘違いするのではないかとか、駅名の途中に「・」が付くのは格好が悪い、また葉山の人はプライドがあって、逗子の方が格が落ちると思っているようです。逗子市は「市」、葉山は「町」といった意見もあり、逗子対葉山という対立を特集では描いていました。

観光客から見れば、葉山に行くときはどこの駅で降りれば良いのかわからないので、駅名に葉山が付いてくれるのは良いことだと思います。

以前、別のテレビの特集で、三鷹駅の北口は武蔵野市、南口は三鷹市になっていて、武蔵野市と三鷹市には対立があるということを面白おかしく特集していましたが、現地ではまったくそんなことはありませんので、ちょっとテレビの取り上げ方もいけないのではないかと思いました。

逗子市に住んでいる人から見ると、新逗子という名前に愛着があるので変えたくないという気持ちも分かりますが、観光客などで葉山町に行きたい人は助かります。京急はどちらかといえば、外から来る人に着目して、駅名を決めたのではないかと思います。

高輪ゲートウェイ駅も話題になりましたが、今回の改名はどのような形で落ち着くのか気になるところです。

コメント