Amazonを語ったフィッシング詐欺の一例


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/blg/www/wprinki/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 745

Gmailの迷惑メールフォルダをチェックしていた際に、Amazonを語ったフィッシング詐欺のメールを見つけました。メールタイトルは、[Amazone緊急の通知]となっているので、最後の「e」が多いことに気が付きますが、メールの本文の方はロゴを含めて本物を流用しているので、なかなか偽物とは気が付きにくいです。

差出人のメールアドレスを確認すると、下記のようになっていました。

shangwugg@uewfhgcxvfd.space

正直、アマゾンで使われているわけがないメールアドレスです。この偽物のメールアドレスを隠して、外見はAmazon.co.jpと表示するように設定されているので始末が悪いです。

セキュリティの確保を万全にしたブラウザを使って、「支払方法を更新する」のボタンを押してみました。本来はクリックすべきではありません。

すると、よく見るAmazonのログイン画面になりました。ただし、そのUrlを詳細に確認すると、中国にあるサイトだということがわかりました。

そこにメチャクチャなIDとパスワードを入れてログインしました。

Amazoneのセキュリティシステム。 私たちは最近、珍しいログイン活動を発見しました。 アカウントを保護するには、必要な手順を続けてください。

日本語が乱れてきました。自動翻訳そのままという感じの文章です。さらに先に進むと、住所や名前などの個人情報やクレジットカード情報を入れる画面になりました。Amazonのログイン情報だけにとどまらずに、その他の個人情報まで盗もうとしています。

これ以上の情報の入力は面倒くさいので、ここまでで終わりにします。

今回は迷惑メールフォルダにあったので騙されずにすみましたが、もしも受信箱の中にあったら騙されていたかもしれません。

今後も気をつけたいと思います。

コメント

  1. 新井 利美 より:

    ウィルス付きメールの対策としては、ノートン 

    https://jp.norton.com/wifi-privacy

     などがあり、VPNとの併用利用が推奨されています。
    ソフトウェアはもともと高額ではありますが、VPN

    https://www.expressvpn.com/jp/what-is-vpn

    に至ってはそうではなく、私生活においても利用価値はかなりあるかと思われます。