神奈川県のリバーサカワゴルフクラブでラウンド

4月の土曜日に神奈川県の山北町にあるリバーサカワゴルフクラブに行きました。この日は朝から良い天気で、風もなく、ゴルフ日和でした。

東名を大井松田まで走り、少し早めに着いたので、まずはレストランで腹ごなしです。レストランには3組ほどのお客さんがいました。

テーブルの上に置いてあった朝食メニューはこちらです。

今回は卵かけご飯にしました。豚汁と香の物が付いています。卵はブランド物の頑固卵という種類を使っているようです。

窓からは富士山がよく見えました。

ほぼ定時にスタートしたまでは良かったのですが、次のホールに移るたびに、待ち時間が発生しました。5分から多いところでは15分ほど待っていたと思います。ちょっと詰め込みすぎのような感じがします。

少し標高の高いところにあるせいか、桜がまだ満開でした。

全般的に打ち下ろしのコースが多いです。カートで標高を上げて、打ち下ろしで下りていくようなコース設計が行われていました。

カートにはナビ等はありませんが、各ホールにはこのような看板があります。OBやペナルティエリアの場所や攻略法が整理されています。

全体的にフェアウェイが狭いところが多いように感じました。OBエリアとワンペナルティのエリアに囲まれている感じです。隣のホールにボールを打ち込んだら基本はワンペナルティになっているようでした。

ローカルルールとして、OBになった場合は、前進4打の特設ティーからのプレーとしているホールが多かったです。打ち込んだ付近から二打罰で打つ新ルールは適用していないようです。

また、カップにピンを刺したままでプレーすると、穴の中にボールが落ちずに途中で引っかかってしまいました。穴の直径はルール通りかと思いますので、ピンの棒の太さが太いのでしょうか。

打ち上げのホールは少ないので、気持ちよくプレーできるのは良い点かもしれません。

東京方面への帰り道は国道246号と東名道が混雑していたので、小山町から山中湖に出て、そこから道志みちを使うルートを選択しました。遠回りではありますが、渋滞は全くなく気持ちよく帰ることができました。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
ゴルフ・GOLF
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント