salesforce.comがTableauを買収

現地時間の6月10日に米国のsalesforce.com社がビッグデータ分析などのBIツールを手がけている米Tableau software社を買収することを発表しました。

すでにTableau自体が大きなブランド力を持っていますので、Tableauという名前自体は今後も維持するとのことです。また、現在のTableauの経営層も引き続き職にとどまる見通しとの報道がありました。

Tableauは会社の経営数値の分析で投入されていたツールなので身近な感じがします。

その買収総額は158億ドル、日本円にして1兆7013億円という金額です。あまりの金額の大きさに驚いてしまいました。Tableauという会社は2003年に創業したワシントン州のシアトルに拠点がある会社です。世界で8万6000社もの企業に製品を提供しています。

Salesforceの会長兼最高経営責任者のマーク・ベニオフ氏は「私たちは世界ナンバーワンのCRMとナンバーワンの分析プラットフォームを結びつけることになる。Tableauはデータの閲覧と理解を助け、Salesforceは顧客の関心を集め理解するのに役立つ」とコメントしています。

確かに面白い組み合わせだと思いますが、1+1が2を大きく上回るような成果を出すことができるかどうか、今後の動きを注視したいと思います。

【2019/06/19追記】

その後の報道を見ていると、特にSalesforceとTableau社のcross-sellingの効果が大きいのではないかという記事がありました。例えば、Tableauを使っていても、基盤にSalesforceを使っていない顧客に対して、Salesforceを勧めることが考えられます。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント