神楽坂カントリークラブでラウンド

飯田橋から続く神楽坂の途中にある神楽坂カントリークラブでラウンドしました。もちろん、本当のコースではなく、シミュレーションゴルフです。

今回は予約をしてから利用しました。バーディコースというシミュレーションゴルフと料理5品、飲み放題が付いているコースです。2時間半にしました。

お洒落なビルに施設はありました。名前を伝えればすぐに予約のお客だと理解してくれます。個室とオープンなスペースがありますが、今回はオープンなエリアにしました。

クラブセットも選ぶことができます。ただ、1ブースの中では同じクラブセットを使わなくてはいけません。シャフトの硬さやブランドをいくつか選べるようになっていました。レディースもあるのではないかと思います。男性と女性が1つのグループになっているときは、クラブはメンズとレディースの両方を貸してくれるのか否かは今回は分かりませんでした。

オープンなエリアはそんなに広いわけではなく、座るところも立ちベンチのような腰掛けで2人分しかありません。テーブルも小さいので、ゆっくりくつろぐことはできません。4人でプレーすると1人は座るところがないような感じです。

移動しようにもドライバーショットをしようとしているときは当たる可能性があるので、十分に注意が必要です。酔っている場合にはなおのこと注意です。

特に床には危険なエリアの表示が目立つようには書かれていなかったので、安全性への配慮は少しだけ足らないように感じました。

シミュレーションゴルフの装置はGOLFZONです。

ゴルフスイングを動画で確認!∥リアルスイング感覚のGOLFZON
シミュレーションゴルフならGOLFZON!スコア管理やスイング動画など、ネットとの連携が充実。最新ゴルフバーの検索も。

ラウンドするコースは何種類かのコースから選ぶことができるようになっています。今回は池が多い北海道のコースを選びました。

ティーショットの時にはティーの上にボールを置けばセンサーが認識してくれますが、アイアンショットなどの場合には目印通りにボールを置かないときちんとセンサーが認識してくれません。置き場所に対しては少し神経質な感じです。ボールの置き方には慣れが必要でした。

本当のラウンドよりもシミュレーションゴルフの方が良いスコアが出やすいと思っていたのですが、意外と手こずって、いつものスコアよりもかなり悪くなりました。

こちらのシミュレーションゴルフの装置には、ライに合わせて打席の傾斜が自動的に付くようになっています。この傾斜によって惑わされる場面が多かったこと、および平面的に見える画面から傾斜や距離を感覚的に掴むことが難しかったことが1つの理由だと思います。

ドライバーやアイアンショットの飛距離や方向性は練習場での感覚に似ていたので、よくシミュレーションができていると思います。3人で回ってハーフが2時間ほどでした。歩かなくていい分、疲れません。

比較的、店内は空いていたこともあり、隣のブースでは店員がゴルフの練習をしていました。また、店のオーナー?らしき人が後からやってきて、店員にドライバーのスイングのコツを教えラフとともに、店員にお酒を勧めていましたが、店員はきっぱりと「勤務中なので」と断っていたのが印象的でした。

値段は1人6500円と下手をすると平日に安いゴルフ場ならば1ラウンドできる値段です。ただ、遠くまで行かずにお酒を飲みながら手軽にラウンドできるのは大きな魅力です。

コメント