Yahoo!が個人の信用スコアを外部へ提供(拒否しました)

Yahoo!が保有するデータを元に独自に算出した個人の信用スコアを7月から外部へ提供することを発表しました。Yahoo!に対する支払いの滞納や飲食店予約後のキャンセル率、インターネットでの購買実績などを外部へ提供するそうです。

Yahoo!スコアはYahoo!JAPAN IDユーザの

  • 本人確認の度合い
  • 信用行動度合い
  • 消費行動
  • Yahoo!JAPAN利用度合い

の4つのカテゴリでスコアが計算されます。またこれを合計した総合スコアでも点数化されます。

スコアの作成や外部への提供を希望しない利用者は拒否できるとのことです。しかし、個人に対してはスコアの開示はしないとしていますので、自分のスコアがどうなっているかさえ、確認することはできないということなのでしょう。(Yahoo!では、今後、確認できる機能の提供を目指すとしています。個人が自分のスコアを閲覧する機能は直ぐにでも開発できる機能のはずなので、Yahoo!スコアが定着するまでは開示するつもりが無いということなのかもしれません)

企業はこの信用スコアを元にして、優良顧客に対しては、良質なサービスを提供するようなことができるようになります。逆に信用スコアが低い顧客はサービスを受けることができなくなるかもしれません。

私自身はYahoo!の飲食店予約サービスやYahoo!ショッピングなどはあまり利用しないのですが、迂闊にもPayPayをYahoo!アカウントと紐付けて利用しているので、購買データはかなりYahoo!が蓄積しているかもしれません。

私自身はこのサービスによって受ける個人への影響、メリット、デメリットが明確化するまでは、「拒否」しようと思います。

【2019/06/06追記】

調べてみると、Yahoo!のIDを持っている人はデフォルトで「オン」になっているそうです。Yahoo!のIDを登録する際に何らかの事項に含まれていたのでしょう。Yahoo!としてはデフォルトでオンにすることが問題ないことは法律的に問題ないことを十分に確認して実施しているものと思いますが、消費者から見た企業イメージの面ではいかがなものかと思いました。

拒否するためには、まずはこちらのYahoo!公式のヘルプページを読んで、

https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/533/a_id/155977/~/yahoo%21スコアとは

このページの下段にあるリンク先から「Yahoo!スコアの作成・利用」をオフにすれば良いとのことでした。

私はすぐにオフにしました。

やはり、デフォルトでオンにするというのは、いかがなものかと思いました。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
インターネット
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント