Apple社の新たな端末位置特定システムの「Find My」

インターネット

Apple社からは社会を大きく揺るがすような新たなイノベーションがなかなか発表されていないような気がしていましたが、実は大きなイノベーションにつながるかもしれない技術開発は行われていることを実感させてくれるような発表がありました。

従来、iPhoneなどの位置を教えてくれる「iPhoneを探す」という機能がありました。しかし、先日のWWDC2019でセキュリティの面から画期的とも言える「Find My」という機能が発表されました。

この機能を使ってアップル社デバイス機器の位置情報を発信しても、アップルを含む第三者には個人情報や位置情報が漏れることがないそうです。

この機能はiOS13およびmacOS Catalinaで搭載される予定で、Bluetoothを利用したデバイスの探索機能となります。周囲にあるAppleの端末が行方不明になっているデバイスが発するBluetoothのシグナルを検知すると、クラウドに位置情報をアップロードします。

例えば、盗まれてしまったノートパソコンが犯人のカバンの中でスリープ状態になっていたとしても、どこにそのノートパソコンがあるのかが分かります。さらにアップル社独自の暗号化システムにより第三者がデバイス位置情報を割り出すことは不可能とされています。

今回の方式については、ある程度、Apple社のデバイスが普及しているからこそ可能なソリューションだと言っても過言ではないでしょう。単になくなった端末を探すだけではなく、いろいろなサービスの展開につながる予感がします。今後、機能が実装された端末でどんなサービスが展開できるようになるのか楽しみです。

コメント