フォーティーン RM-12 50度ウェッジを入手

先日、ゴルフ5に行って中古クラブを見ていると、フォーティーンのRM-12というウェッジが置いてありました。2013年に販売されたクラブのようです。

グリップが交換されていて値段が3980円、ロフト角は50度、シャフトは日本シャフト NS950GH HTとアイアンと同じスペックになっていました。

現在使っているウェッジは兵庫県のTOHOというところで作っている匠という刻印のあるウェッジです。52度と58度を持っています。

この匠というクラブ、少しアイアンのシャフトよりも重めのようで、ハーフスイングくらいで短いアプローチをするときには安定感があってとても良いのですが、フルスイングの時にはトップの位置にいつも違和感があり、80ヤード前後の距離が残った時にピッチングウェッジのハーフショットなどで処理をしていて、うまくスコアに結びつきませんでした。

50度のウェッジであればスリークオーターショットくらいで80ヤードくらいがうまく処理できないかと期待した次第です。

また、アイアンがオノフなので、フォーティーンであれば赤の他人というわけでもありません。

ということで、フォーティーンのウェッジを入手しました。キャディバックの中は今まで13本のクラブで回っていたので、単純に一本を追加して、しばらくウェッジ3本体制で行こうと思っています。

【2019/10/20追記】

58度も追加で購入しました。今まで、TOHOの匠というウェッジを使っていました。

国産クラブメーカーの東邦からウェッジを2本(52度&58度)購入
現在、中古の格安価格で購入した2006年のXXIOアイアンを利用しています。ウェッジ(PW、AW、SW)についてもこのアイアンセットに付属しているものを利用していました。先日ラウンドした際に、最近のウェッジは進化していて、バンカーなどの...

しかし、自分にはアイアンと同じシャフト(NS-PRO950GH HT)のフォーティーン のRM-12の方がショットにブレが生じにくくミスが抑えられたので、50度、58度ともこちらで統一することにしました。

今回は近所のゴルフ5で購入しました。楽天スーパーポイントを使って楽天ペイで支払いを行いました。ネット通販で貯めたポイントを実店舗で使えるというのは面白いと思います。

もう少し、自分の腕を磨いてからチームTOHOのウェッジを再度トライしたいと思います。

コメント