楽天ゴールドカードに切り替え

金融・株・トレード

先日、楽天カードから「お客様だけの特別なお知らせ」が届きました。封筒を開けてみると、中からは楽天ゴールドカードの案内が出てきました。

楽天ゴールドカードは特にインビテーションが無くても作ることができるのですが、このお知らせに記載されている専用の申し込みURLでエントリー後に申し込むと、4000ポイントの特別な楽天スーパーポイントの還元があります。

楽天ゴールドカードへの新規の申し込みに対してはポイントが還元されるキャンペーンが行われていますが、一般のカードからの切り替えでポイントが還元されるのは珍しいです。

楽天ゴールドカードは楽天市場や楽天トラベルでの買い物や旅行申し込みに対するポイント還元倍率が普通のカードよりも大きくなるので、以前から気になっていました。

ETCカード無料や空港ラウンジが回数限定で無料で使えると特典もあるのですが、すでに他のゴールドカードカード(セゾンコールドアメックス)で同様の特典を持っているので、特に興味はありませんでした。

年会費が2160円かかってしまうのですが、切り替えで4000ポイントが貰えるチャンスはなかなか無いので、この機会に申し込んでおくことにしました。

楽天市場での買い物が年間12万円以上であれば、楽天ゴールドカードの方がお得だと紹介しているサイトがありました。

専用URLからエントリーをした後、カード申し込みを行います。一週間ほどで自宅にカードが届くようです。

カードの発行状況がオンラインで確認できるのですが、翌日の午前中には審査が終わり、カードの発送準備中になりました。やはり、手続きがかなり早いです。

現在、カードの到着待ちです。

【2019/08/24追記】

カードが届きました。楽天カードのeNAVIにアクセスしたところ、まだ以前のノーマルな楽天カードしか登録されていない状態になっていました。カードの番号は変わりますので、自分で新しくきたゴールドカードの登録をしなければいけないようです。楽天側でゴールドカードの情報を登録しておけば良いと思うのですが、何かセキュリティ上の理由があるのかもしれません。

カードの登録が終わった後、本人認証のパスワードなどを登録しました。また、PayPayやOrigamiPayなど、楽天カードを登録しておいたサービスの情報を一つ一つ変更していきました。公共料金やその他の各種サービスについては、アメックスの方で決済をしているので、特に変更の必要はありませんでした。

【2019/11/30追記】

楽天ゴールドカードに切り替えてもう一つの利点がありました。普通の楽天カードを利用していると、明細書の発行はWEBでの閲覧が基本となり、明細書を郵送してもらおうとすると有料になります。

  • 明細書発行月と同月のご請求金額に明細書発行費用84円(税込み)を加算して請求させていただきます。(※ただし、楽天ブラックカード・楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード・楽天ゴールドカードの会員様は、明細書発行費用はかかりません。)

楽天ゴールドカードを利用している場合は明細書発行費用がかかりません。そこで、Web明細をオフにして郵送してもらうように、楽天eNAVIで設定変更しました。CSVでの明細のダウンロード機能は使えなくなるようですが今まで使ったことがないので問題ありません。多分、何らかのサービスに明細を取り込みたいときに使う機能なのでしょう。

コメント