清澄ゴルフ倶楽部でラウンド

先日、埼玉県東松山市にある清澄ゴルフ倶楽部でラウンドする機会がありました。今回が初めてのゴルフ場です。基本はキャディ付きのみのプレーですが、セルフディを実施している日もあるようです。

この日は朝から快晴、気温も23度ほどまで上がり、秋晴れの中でのラウンドになりました。(朝から晴れ渡ったのは10日ぶりだったようです)

心配された台風19号の影響もなく、通常通りに営業していました。

練習施設はドライビングレンジとアプローチ練習場、バンカー練習場、パター練習場が揃っています。

各ホールの間は林でセパレートされているところが多いのですが、OBとなってしまう場所も多々あります。また、所謂、接待用のゴルフ場と比較するとフェアウェイが狭くなっているところがあるので、ドライバーは方向性が求められます。

カートはカート道だけの走行で、フェアウェイへの乗り入れは不可でした。

コース内の池やバンカー、グラスバンカーなどが効果的に配置されていて、セカンドショットなどで方向をぶらしてしまうと、悩まされる結果になります。

グリーンは砲台になっているところもあります。正確なショットがこちらも求められます。グリーンは変な傾斜は少なかったようで、少ないバット数で回ることができました。ただ、ピッチマーク(ボールが落ちてできた穴)が随所に開いていて、メンテナンスは今一つに見えました。ラウンドしながら待ち時間で自分のパッチマークを直すだけでなく近くのピッチマークも一緒に直していました。キャディはピッチマークを直していなかったのは気になりました。

ロングホールはしっかりと距離がありますし、初級者には難しいゴルフ場でした。

ランチはレストランで石焼黒辛麻婆豆腐の定食です。

本格的な辛さで美味しかったです。ゴルフ場のレストランで料理が美味しいのはとても嬉しいです。

レストランからは9番ホールと18番ホールがよく見えます。今回はアウトから回ったので、9番ホールはすでに回っていたのですが、18番ホールはグリーンの周りが池に囲まれていてとても難しそうです。

実際、キャディさんの話によると、インコースは池やクリークが多いと言っていましたし、確かにまわってみると、大変でした。ただ、結果としてはアウトコースとインコースは同じスコアでした。

もう少し腕を上げてから、またチャレンジしたいゴルフ場です。

コメント