象印の三合炊き炊飯ジャーを購入

先日、PayPayが感謝デーで20%還元を実施していた日に、象印の三合炊き炊飯ジャーを購入しました。場所は「でんきち」という埼玉などにもチェーン店がある中規模の家電量販店です。三鷹市の東八道路沿いにお店があります。こちらのお店は政府のポイント還元事業で5%還元の対象になっています。

今まで、一升炊きの炊飯ジャーを使ってきたのですが、子どもたちも社会人になってご飯の消費量が大きく減ったので、小型の炊飯ジャーに乗り換えることにしました。今まで使ってきた炊飯ジャーはもう15年ほど使ってきたのですが、良く頑張ってくれたと思います。

でんきちの二階、炊飯ジャーコーナーに行くと、様々な商品が並べられていました。だいたい6000円くらいから2万円台程度の商品が多いようです。

商品は大きく分けると、圧力IH炊飯ジャー、IH炊飯ジャー、マイコン炊飯ジャーの3種類がありました。マイコン炊飯ジャーが値段的には安いです。「マイコン」という言葉自体、今では無くなってしまったと思っていたのですが、こんなところに残っていたとは知りませんでしだ。コンピュータが内蔵されていて、色々なご飯の炊き方ができるのが昔の売りでした。しかし、今ではそのマイコン炊飯ジャーも下級機種になってしまったことにも驚きます。

そんな中で、今回購入したのは、「マイコン炊飯ジャー 極め炊き/NL-BC05」です。

購入した際に店員からは「IHではないですが、いいますか?」と聞かれました。今一つ、IHにしたときの利点もよく分からなかったので、こちらでOKとします。

安い割には意外と頑張っていて、黒厚釜がついています。側面と底面のヒーターでしっかりとお米を炊いてくれるそうです。

店頭で商品のレビューなども確認してみたのですが、美味しいご飯が炊けると高評価だったことも購入の決め手になりました。

実際に二号のご飯を炊いてみました。以前の炊飯ジャーでは45分で炊き終わったのですが、今度の炊飯ジャーでは1時間かかります。多分、ヒーターの熱量が異なっているのでしょう。

正直、IHでなくても十分に美味しいです。いい買い物ができました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント