ドラマ「まだ結婚できない男」がスタート

この10月からフジテレビ系列で「まだ結婚できない男」というドラマがスタートしました。このドラマ、13年前に放映された「結婚できない男」の続編という位置づけとなります。13年前の作品は平均視聴率が17.1%を記録しました。

再放送を見たときのエントリーがこちらです。

ドラマ「結婚できない男」の再放送を見た
 週末はDVDレコーダーに録画されている番組をチェックして、興味のある番組はまとめて見るようにしています。ソニーのスゴ録を使っているので、過去に録画したり見たりした番組から、その人の好き嫌いを徐々に学習していって、徐々に自分の好...

主演は阿部寛、年齢は53歳という設定になっていました。ただ、それ以外の出演者が大きく変わってしまいました。最も驚いたのは、女医役の夏川結衣が出ていない点です。

今回の1回目の放送では13年前同様に建築家をしている桑野信介(阿部寛)が一人暮らしを満喫している中、周囲の人が巻き込まれていく話が展開されます。

桑野信介の誹謗中傷記事がネット上で書かれていることを自分で見つけて、なんとか対応することができないか、弁護士(吉田羊)に相談します。この吉田羊が夏川結衣に変わるキャラクターになるようです。一方でこの弁護士は離婚裁判を扱っているのですが、その顧客が稲森いずみになります。

弁護士は30代は仕事に励んで個人事務所を開くまでになりましたか、まだ結婚していません。桑野との会話では、桑野がチクチクと気に触ることを言うため、「そう言う言い方をしていると敵を作りますよ」と反撃します。

桑野信介が住むマンションの隣の住人は今回は元乃木坂46の深川麻衣でした。まだ、隣の住人と桑野は挨拶を交わした程度でこれからどんなストーリーが展開されるのかよく分かりません。

13年前の放送ではあまり大きな事件が起こることもなく、淡々とストーリーが進んでいった感じがありましたか、今回の放送ではどんな話になっていくのか、気になるところです。

番組主題歌は13年前と同じ「スイミー」、13年前はEvery Little Thingでしたが、今回は持田香織となっていました。当時と音源は異なり、最近収録したような様子で曲調も少し変わっていました。

【2019/10/30追記】

第四話まで放送されました。少し、視聴率が前回放映時と比較して上がらないようですが、今となってはオンエア中のテレビをリアルタイムで見るようなスタイルは減ってきたので、10年以上昔と一律には比較できないのではないかと思います。

ネットでは色々な感想が出ていますが、私自身は昔と変わらないゆったりとしたストーリーの展開がとても良いと思います。出演者が変わった点についても、だんだんと慣れてきました。

コメント