台風一過後の屋根リフォーム訪問販売

台風19号が過ぎ去りましたが、突然、ポストに「株式会社 ××」という、東京都西部に本社が会社の人のメモが残されていました。「台風の影響かと思います。屋根の板金が飛ばされているところが見えます。ご加入の火災保険が使えるかとも思いますので、またお寄りしてみます」と書かれています。

台風が過ぎ去った直後はリフォーム会社は修理依頼が多く舞い込み、訪問販売をしている場合ではないと思います。少しネットで、「板金 訪問 修理」をキーに検索してみると、たくさんの悪質業者訪問販売に関する注意を促すサイトが出てきました。

中には「不必要な工事を押し付けられた」上に「相場よりもすごく高い」ということもあるようです。特に下からでは見えにくい屋根の不具合を主張して住んでいる人の不安をあおってきたり、無料点検をすると言って屋根に上ったり、不具合個所を多く発見したと言って不安を与えてくる場合が多いようです。

最初は保険が使えると言って早く契約するようにけしかけて、契約を解除しようとすると多額の違約金を請求される例もありました。

保険に関しては経年劣化による修理は対象になりません。ただ、工事業者によっては経年劣化と分かっていても、台風による被災として保険を請求するように勧める業者もあるようです。今回の場合も新築後、15年ほどが経過しているので台風被害とは認められないかもしれません。

悪質業者から屋根の修理が必要と言われてから別の業者に屋根の点検をしてもらったところ、「特に修理が必要な箇所は無し」という結果を受けた場合もありましたので、大変に驚きます。検索した結果からは本当に怖くなるような事例が多く見つかったので、本当に怖くなってしまいました。

もちろんすべての訪問販売が悪質ということではなく、中には本当にそのままにしておくと雨漏りが発生してしまう場合もあります。まずは定評のあるリフォーム会社へ連絡をして調べてもらうことが一番のようです。

ちょうど、そろそろ外壁塗装もしなければいけない時期なので、ニッカホーム等、いくつかの屋根塗装、外壁塗装を扱っている会社に連絡をして見積もりをしてもらい、納得のいく会社に工事を進めてもらおうと思います。

【2019/10/21追記】

三社に相見積もりをお願いしました。外壁塗装の見積もりもお願いしています。どんな結果になるのか楽しみです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント