スマホ回線契約は脱キャリアが進むか

この10月からスマホの二年契約等に伴う途中解約金が「なし」または「1000円」になりました。キャリアとの契約を見直すのには良い時期が到来しています。週間アスキーの記事を読むと、10月からは大手3キャリアについては、2年縛り無しまたは二年縛りはあっても違約金は1000円という新しいプランしか申し込むことができなくなっています。

9月以前に契約したプランは違約金が高い

しかし、9月以前に契約したプランについては何もしなければ解約時に違約金がかかってしまいます。そのため、違約金を回避するために、以前のプランから10月からの新しいプランに変更する必要があるのだそうです。auであればMy auからプランの変更を申し込むと違約金1000円の新プランに乗り換えられることが紹介されていました。もちろん、プランの変更時に旧プランの違約金は発生しないと週間アスキーでは紹介しています。

プラン変更時は料金がどうなるかに注意

ただし、ドコモの場合には携帯購入サポートの適用期間が残っている場合やdocomo with、月々サポートを利用している場合、新プランに変更した場合に毎月の請求が実質的に高くなる場合があるから注意するように呼びかけられています。

各社ともプランの内容は非常に複雑に組み立てられているので、よくよくか確認してからのプラン変更が必要になりそうです。

格安SIMは銘柄選びを慎重に

また、記事では格安SIMへの加入を勧めていますが、私自身が現時点利用しているIIJmioは朝の通勤時間帯、お昼の12時から13時、夕方の18時から19時など、ちょうどスマホを使いたいなと思う時間帯に限って、データ通信速度が非常に遅くなってしまいます。同じようにスマホを使うユーザーが増えるためです。

ネット上にはMVNO事業者の通信速度の比較などを紹介しているサイトもあります。回線の増強に伴い、直近では通信速度の評価が変わってしまっている場合もありますが、一つの参考になると思います。

コメント