通販利用時は送料等の付加料金の罠に注意

NHKの公式サイトの報道で「送料が2万円?ネット通販のわな」という記事がありました。ある消費者がネット通販で1400円の歯磨き粉を購入したところ、2万1400円の請求があったということです。内訳をみると送料が2万円も請求されていました。記事には通販サイトのキャプチャものっていたのですが明らかにAmazonのサイトでした。Amazonが直に販売している商品ではなく、第三者がマーケットプレイスで出品している商品です。確かに商品代金の下に「配送料\20000円」と書かれていました。

この配送料は日によって変わり、無料になったり2万円になったりを繰り返していたそうです。被害を受けた人は驚いて問い合わせをしたところ、「システムのエラーでした」という回答を受け後日、返金に応じてくれたのだそうです。

記者は実際に出品した人を突き止めて匿名を条件に取材をしていますが、高額な送料を設定していることに対しては、条件を明示したうえで販売しているので問題はないという回答をしていることが合わせて報じられていました。

通販サイトとしても、法外な送料を設定している出品では送料を目立つように表示したり、商品レビューの中で評価の悪いコメントを目立つところに表示するといった対策が必要なのではないかとも思います。また、消費者側としてできることは、信用のできるところから買うことの一点に尽きるでしょう。安さにつられて購入するのは大変に危険です。

最近、商品レビューによる評価をよくするために、「さくら」を雇って評価点数を上げて出品されている商品に関しても報道されました。今回の高額な送料と同様に悪質なケースになります。

Amazonでも出品者に関する情報が確認できますので、たとえ安くほしい商品が販売されていたとしても、送料などの付加条件の確認や商品の販売者の情報を十分に見極める等行って、急いで購入しないことをお勧めします。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント