路線バスで寄り道の旅で徳さん一行は楽天の社食でランチ

グルメ・ランチ・美味しいもの

本日(2020/02/16)の路線バスで寄り道の旅を見ていると、徳光和夫、田中律子、坂下千里子の一行がアポイントなしで二子玉川にある楽天の本社に行きました。以前、三木谷社長や社長室長と会った際に「今度、良かったら社食にご飯を食べに来てください」と言われていたそうです。

最初にガードマンに話しかけますが、ガードマンは何かの連絡が来たようで、「ちょっと待って下さい」と言われてしまいます。

仕方がなく、タブレット風の端末で手続きをしようとしますが、徳さんは機械を使いこなすことが出来ず、結局は携帯電話を使って社長室長に電話を入れていました。田中律子や坂下千里子がタブレットを操作しても良いのではないか?とも思いましたが、みんな使いこなすことに自信がなかったのでしょう。

幸いなことに社長室長は在席していて、すぐに玄関まで徳さん一行を迎えに来てくれました。エレベータから降りて廊下を歩いているときに、「社長の三木谷がちょうどいますので会って行って下さい」ということになります。

今は楽天は楽天市場の送料無料化に関して出店者との間で調整をしていたり、公正取引委員会が調査に入ったりしていますので、三木谷社長にとっては大変な局面ではありますが、やはりテレビで明るい笑顔を披露することも大事な社長の役目です。

徳さん一行はオフィスへと入っていきます。実は楽天では社長の考えで社長室はなく、社員と同じスペースで働いているそうです。そして、社員食堂へ三木谷社長も一緒に行くことになりました。

社員食堂は22階にあります。メニューは毎日変わるのだそうです。そして、この社員食堂は驚くことなかれ社員は三食が無料となっています。

実は私が勤務していた会社でも社員に対しては周辺相場よりも安くお昼ご飯が提供されていたのですが、税務署の指導により、安くした分は社員への給与とみなし課税対象とするという通告があり、仕方がなく周辺相場並みの価格になってしまいました。

このような税務面の指導をどうやって楽天はクリアーしているのか、とても興味があります。

社員食堂ではオーガニック野菜の盛り放題もやってきて、女性社員にも人気があると紹介していました。徳さんは最初は蕎麦と餃子と言っていたのですが、途中でタラコスパと餃子に路線変更しました。注文はタブレットを使っていましたが、操作は三木谷社長自らがやっていました。

ちなみに、三木谷さんはローストビーフ丼を食べていました。実は楽天では社員向けにフィットネスジム、ネイルサロン、美容室、鍼灸院、マッサージサロンなどのサービスを提供しているそうです。こちらは無料というわけにはいかず、周辺相場よりも格安で提供しているとのことでした。

三木谷社長と徳さん一行のお別れのタイミングで、楽天からお買い物パンダ、楽天KOBOの端末などが贈呈されました。

楽天としてもこのような東京キー局の番組で大きく紹介してもらうことができて、大きな宣伝効果があったのではないでしょうか。

コメント