楽天モバイルの「無料サポータープログラム」は正式プラン開始まで延長へ

インターネット

現在、東名阪在住の一部の利用者に限ってサービスが提供されている楽天モバイルの「無料サポータープログラム」ですが、3月31日(火)23時59分までが提供期間とされていました。しかし、この提供機関をMNOサービスの正式プランの提供開始まで延長することを発表しました。

楽天ではMNOサービスの正式プランは2020年4月から提供する方針です。この正式サービスについての詳細は3月3日に公表されることになっています。

もうこれ以上、正式プランの開始日を延伸したということはないと信じたいので、無料サポータープログラムから正式プランへ移行する手続きの期間などを考慮して並行して一定の期間について利用できるようにするということなのでしょうか。

無料サポータープログラムの利用者は正式プランに移行する際については別途申し込みが必要になるとされています。この手続きの方法についても3月3日以降に詳細が案内される予定となっています。

正式プランについてはインパクトのある料金体系になるとしていましたが、どこまでインパクトのある内容になるのか、3月3日の発表が待ち遠しいです。

【2020/02/26追記】

他のマスコミの報道を見ると、サービス開始時期は4月末までの何処かになるだろうという予測が多いようです。3月3日の公式な発表でどうアナウンスされるのか、本当のところは待たないと分かりません。

【2020/03/05追記】

Rakuten UN-Limitが3月3日に発表されました。すでに事前申し込みが始まっています。楽天自営回線を使う範囲であればデータ通信容量無制限で月額2980円という思い切った価格が提示されました。マスコミの報道は冷ややかなものが多いですが、楽天自営回線のエリア内で利用する頻度が多い人にとっては魅力的なプランだと思いました。

楽天の新携帯電話プラン「Rakuten UN-LIMIT」が魅力的
楽天は新たに携帯電話会社への仲間入りをするために準備を進めてきましたが、3月3日に新たな携帯電話のプランを発表するに至りました。三木谷社長が予告していた通り、今までの携帯電話会社では提供していなかったような、とても魅力的なプランとなっていま...

【2020/03/15追記】

Rakuten UN-Limitは4月7日サービススタートです。また、すでに以前から提供している楽天MVNO回線からUN-Limitへの乗り換えの案内もスタートしました。私自身は楽天のMVNOをiPhone7で利用していますが、この回線をUN-Limitに乗り換えると、iPhoneで利用できるSIMカードが無くなってしまうので、新規にRakuten UN-Limitの回線へ申し込みました。対応しているスマホ本体も別途購入したいと思います。

コメント