沖縄那覇の首里城公園を散策

旅行・ドライブ

沖縄に行った際、国際通りの周辺を散策したあと、ゆいレールに牧志駅で乗車してを 首里駅まで行きました。そこから歩いて、首里城公園まで行ってみました。1429年から1879年まで450年にわたり存在した琉球王国、その政治、外交、文化の中心地として威容を誇ったのが首里城です。

ずっと昔、首里城公園には行ったことがあるのですが、観光バスで連れて行かれたので、周りの様子を全く覚えていません。

首里駅から歩くと意外と公園まで離れていました。下の地図の矢印のルートで歩いた方が、守礼門から順番に散策できるようです。

ただ、坂を登ってそのまま首里城公園に入ってしまいました。

きつい坂道を登っていくと、やがて視界がひらけます。

ただ、首里城のほうに向かおうとすると、せっかく高くまで登ったのに、また坂道を降りたりして大変でした。

ただ、どこから見ても眺めは良いです。

首里城は火災に遭ったので、工事が行われていました。

こちらの門から首里城に向かいます。

こちらが守礼門です。

前方に火災で燃えてしまった建物が見えまふ。

こちらは広福門です。

大きなクレーンを使った工事も行われていました。

西のアザナという展望台へと向かいます。

こちらが西のアザナからの眺めです。

出口近くにあるカフェ龍樋というところで、龍樋ソフトを食べました。こちらのカフェも人が少なかったです。

那覇の遠景を楽しみながら休憩することができました。

【2020/03/28追記】

首里城再建に関して関係閣僚会議が実施されて、首里城の復元工事を2022年から始めて、2026年までの完成を目指すことが決められました。2年後の工事着手に向けて、来年には設計を開始するそうです。

コメント