国際通り近くの花笠食堂でテビチ汁定食

旅行・ドライブ

先日、沖縄に行った際、夕食を食べるために国際通りから少し商店街を入って行ったところにある沖縄風家庭料理の店、花笠食堂というお店に行きました。旅行ガイドブックなどにも載っている有名なお店です。

アーケード付きの商店街を歩いて行くと花笠食堂の看板と食品サンプルが飾ってあるショーウィンドウがあります。本当に多彩なメニューが準備されていて、どれを選択するのか悩んでしまいます。

お店に入ったあとでも、席についてからメニューを見て選ぶことができるので、ここで完全に決めなくても大丈夫です。

そこからさらに少し路地に入ったところに花笠食堂の入口があります。いつも混んでいることが多いようなのですが、日本中が新型コロナウイルス騒動の最中に訪問したので、国際通りも花笠食堂も空いていました。

こちらがメニューになります。まずは看板メニューの沖縄定食と琉球定食です。

ゴーヤー盛り合わせ、グルクン定食とやはり沖縄っぽいメニューが続きます。

幕の内定食、花笠定食、煮つけ定食です。

エビフライ定食、天ぷら定食です。

続いて、沖縄の豚肉料理です。テビチ煮つけ定食、テビチ汁定食、ソーキ煮つけ定食、ソーキ汁定食です。

各種チャンプルーです。

豚肉生姜焼き定食は普通な感じですが、ポークたまご定食は沖縄を感じさせます。

こちらはボリュームたっぷりの定食です。

汁物が付いている定食は、4種類から選ぶことができます。中身汁、味噌汁、イナムルチ、ソーメン汁、沖縄そばです。

お茶は花笠食堂の名物です。少しだけ甘い味付けです。

お茶は飲み放題です。

テビチ汁定食が運ばれてきました。

具沢山です。

ご飯は玄米を選びました。少し柔らかめです。

もずく酢が付いています。

こちらは琉球定食です。ご飯は赤飯です。

天ぷらは衣が厚くて、やはり東京で見かけるものとは随分違います。

こちらは中身汁です。中身とは内臓でした。

お刺身も付いてきます。

やはり、那覇を代表する郷土料理のお店ということで、満足度が高い定食でした。ごちそうさまでした。

コメント