稲城市の響(ヒビキ)ゴルフセンターが2月末に閉店

日記・ショッピング

稲城市の打ちっぱなしゴルフ練習場、響ゴルフセンターが2020年2月29日をもって閉店してしまいました。少しかわった名前ではありますが、先代のオーナーが大戦中に不沈艦と言われた響の乗員であったことから名付けられたのだそうです。

こちらの店舗、ホームページをもっていないので、なかなか詳しい情報を見つけるのが難しいですが、「多摩ゴルフ練習場ガイド」というサイトに紹介されていました。距離は85ヤードということで少し短めではありますが、打席の前から全体の2/3の距離までは芝になっているので、アプローチの練習にピッタリです。料金は非常にリーズナブルな価格に設定されていました。

場所は少し分かりにくいところで、鶴川街道から読売ランドに続く道沿いにあるショッピングセンターの脇にある路地を入っていったところにありました。

ここはゴルフ練習場だけではなく、バッティングセンターや釣り堀、卓球場、駄菓子屋を併設していて、レジャースポットになっていましたが、50年近くの営業をもって終了することになりました。かなり施設が老朽化していたことと、2019年秋に発生した台風15号によって同時期にオープンした千葉の練習場が倒壊したことを受けて廃業することを決意したとのことです。

こちらのゴルフ練習場、以前からここにあることも分かっていましたし、また横の道を車で通ったときに確認もしていたのですが、とうとうこちらで練習する機会はありませんでした。

日本のゴルフ練習場は1992年には5420もあったのだそうです。しかし、バブル崩壊等に伴うゴルフ人口の減少や少子高齢化といった影響を受けて、現時点では1992年の半分ほどの施設にまで減ってしまったそうです。

ここがなくなってしまった後は、よみうりランドのゴルフ練習場、東宝調布ゴルフ練習場少し離れたところだと、白糸台周辺のゴルフ練習場といったところが最寄りになるでしょうか。

歴史のあるゴルフ練習場がまた一つ減ってしまって、とても残念です。

コメント