テーラーメイドRBZ BLACK ハイブリットの調子がいいかも

ゴルフ・GOLF

今までクラブをグローブライド、オノフのAKAシリーズで揃えていたのですが、どうしてもユーティリティーがうまく打てませんでした。どうしても、球に当てに行ってしまい、右肩が開き、プッシュスライスになってしまいます。今ひとつ、ユーティリティーのヘッドが球にうまくあたらず、さらに当てに行ってしまうという悪循環になっていました。

以前、楽天市場のテーラーメイドのお店でアウトレット扱いで販売されていたハイブリッド、RBZ BLACK 5番を持っていたので、これを引っ張り出して練習場に行って打ってみると、こちらならばアイアンのように振ることでうまく球に当たってくれます。もしかすると、こちらの方が自分に合っているのかもしれません。

このクラブ、ゴルフのことがあまりよくわかっていない頃に買ったので、シャフトの硬さはS、しかもUSシャフトなので、かなり日本人には合いにくいクラブだと思うのですが、なぜオノフのユーティリティーよりも打ちやすく感じるのかは良く分かりません。もしかすると、全体的に黒いので、ヘッドやシャフトの存在を過剰に意識しなくて済むのが良いのかもしれません。

よく行くゴルフ場で170ヤードくらいある打ち下ろしのショートホールがあるのですが、今まで5番アイアンでトライしてもグリーンに届かなかったり、球がグリーンの左右に暴れてしまったりして、なかなかパーが取れませんでした。しかし、RBZ BLACK ハイブリッド 5番で打ってみるとグリーンにワンオンしてくれて、無事にパーを取ることができました。

これに気を良くして、楽天市場で同系列の3番と4番ハイブリッドを追加で購入しておくことにしました。残念ながらアウトレット扱いのクラブは売り切れてしまっていましたので、別のお店で中古品を購入しました。これが届いたので、さっそくゴルフ練習場で打ってみると、やはり調子が良いです。番手別の飛距離の差もありました。

そこで、ラウンドに持っていくときのクラブのセッティングを変更することにしました。ドライバー、5W、3U、4U、5U、6I〜PW、50度、54度、58度、パターの14本です。5番アイアンを抜いてしまいました。これで少しは良いスコアが出るようになるかどうか、次のラウンドでチェックします。

コメント